東京パフォーマンスドール(TPD)の最新シングル「SUPER DUPER」(6月12日発売)が、ゆめタウン「ゆかた&水着 2019キャンペーン」CMソングに決定した。リーダーの高嶋菜七は「とても嬉しいです!」とコメントを寄せている。

 イズミの「ゆめタウン」の夏の企画『ゆかた&水着2019キャンペーン』のCMソングに起用された同曲は、新生TPDにとって初のCMソング担当でもある。TVCMは中国・四国・九州エリアにて5月末より順次オンエア開始される。

 2019年6月11日にCDデビュー5周年を迎えるTPD。今作はそれを記念してリリースされる同曲は、“すべてが最高にステキ”という意味を込めたダンサブルでポップな応援ソング。「うつむきながら歩いていたら気づかないけど、実はステキな物がそこら中に散らばっている。だから自分次第で、全てがSUPER DUPERに変えることができるんだよ」といったポジティブな想いをのせている。

 TPDは、篠原涼子などを輩出した伝説のグループで、約17年の時を経て、2013年6月19日に全国8800人の中から選びぬかれた新メンバーで復活し、2014年6月11日にシングル「BRAND NEW STORY」でソニー・ミュージックレーベルズよりメジャーデビューしたガールズグループ。唯一無二のパフォーマンスグループを目指して、高嶋菜七、上西星来、櫻井紗季、浜崎香帆、脇あかり、橘二葉の6人で現在活動中。

リーダー高嶋菜七・コメント

 この度、CDデビュー5周年のタイミングで、8枚目のシングル「SUPER DUPER」をリリースできることになりました!更に、そのシングルが「ゆめタウン」さんのCMソングに選ばれ、TPDとして初のCMソングを担当させていただくことが決まってとても嬉しいです!

 新曲はとてもキラキラした可愛い楽曲で、サビがとてもキャッチーです。初めて聴いた時からメンバー全員が一瞬で気に入った曲だったので、それをリリースできることはとても光栄です。今回この楽曲の振り付けを、メンバーの浜崎と脇が担当してくれて、本当にメンバーが考えたの?と思うほどフォーメーションにも凝った内容です。振付の稽古が終わった後に、メンバー皆で拍手をし合ったくらいです。そんなSUPER DUPER(すべてが最高にステキ)な楽曲が、皆さんにとって“令和”最初のお気に入りソングになってくれると嬉しいです!

記事タグ