HKT48指原莉乃が28日、横浜スタジアムで卒業コンサートを開催。11年間に及んだグループメンバーとしての活動に終止符を打ち、アイドル人生に幕を閉じた。高橋みなみや大島優子、前田敦子らグループOGは続々と自身のSNSを更新し、労いと祝福のメッセージを寄せている。

 初代総監督としてグループを引っ張ってきた高橋はツイッターで「さしこが居てくれて本当に良かった 卒業おめでとう」とし、篠田麻里子は「さっしーお疲れ様でした さっしーのおかげで博多盛り上がりました 九州盛り上げてくれてありがとう これからはマイペースに 楽しんで行こう」と労いを寄せる。

 大島もツイッターで、「さっしー卒業おめでとう お天気も祝福してたようで、素敵な終わりと始まりだね。。。」と労い。さらに、「さっしーの写真探したらこれ。もらったリップ、左無くしたけど右アルヨ」とし、ピースサインを作った笑顔の指原のショットをアップした。

 前田は自身のインスタグラムのストーリーの中で、「さっしぽん卒業おめでとう。お疲れ様だよー!!」とぬいぐるみの画像とともに労った。

 指原の卒コンに出演し、ユニット曲「アボガドじゃね~し…」を披露した渡辺麻友もツイッターで、「今日のさっしーは一段と輝いていて本当に素敵でした。卒業おめでとう」と祝福している。

 また、指原も卒コン後に自身のツイッターで、「アイドルになれて、本当に幸せでした! 『あの日の出会いに悔いはない 今日までありがとう』の歌詞の通りです」と、指原のラスト曲となったAKB48「ジワるDAYS」の歌詞を引用。

 そして、「私ってHKTが本当に大好きなんだなあ これからのHKT48もよろしくお願いします! 11年間、本当にありがとうございました!」とファンに呼びかけ、感謝のメッセージを寄せている。

記事タグ