真ん中が村重杏奈。奥は松岡はな(撮影=木村陽仁)

 “先輩”須田亜香里が村重杏奈を歓迎した。28日、横浜スタジアムでおこなわれた、HKT48指原莉乃の卒業コンサートで、村重が、指原の働きかけで芸能事務所・ツインプラネットへの移籍が決まったことが発表された。

 指原から伝えられた村重はステージ上で「さしさんに迷惑をかけてきたのに最後まで見捨てないでいてくれて…」と喜んだ。

 この報に触れた“事務所の先輩”SKE48の須田亜香里は「村重ツインプラネットなの? おめでとうー! 48グループの後輩が事務所にどんどん増えてきたけど、私が一番普通で地味~」と歓迎した。

 また、同事務所に所属の元AKB48西野未姫もツイッターを更新。「指原さんにハマってる村重さんが事務所に来る! ヤバイ 私まだハマってないのに…」と“ライバル出現”に焦っている様子。

 ちなみに、指原はコンサート後におこなわれた囲み取材で村重の移籍に言及。「村重とバラエティで対決することもあると思う。腕を鍛えておきたい」と今後の共演を楽しみにしているとの思いを明かしていた。

 そんな村重はコンサートが終わり、ツイッターを更新。「村重杏奈と書いて ツインプラネットと読みます」と綴ったあとに、指原への感謝とともに事務所移籍について「びっくりし過ぎて本当に声が出なかったです。沢山迷惑かけたし、どうしようもない問題児で、たくさん怒らせちゃった時もありました。それでも、気にかけて下さってたさしさん。さいさんには感謝してもしきれないです」と明かした。

 その後も、HKT48への思いや決意などを綴った村重。「人間としても、アイドルとしてもまだまだな私ですが、これからもよろしくお願いします。HKT48に自分の人生の全てを賭けていきます。頑張らせて下さい!!!!!」と気持ちを新たにした。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)