HKT48指原莉乃の卒業コンサートが28日、横浜スタジアムでおこなわれ、ダウンタウンの松本人志がサプライズ登場した。

 コンサートも中盤。生前、コラボしたことがある内田裕也さんへの哀悼のメッセージがスクリーンに映し出されると、その楽曲「シェキナベイビー」が流れた。ミュージックビデオを流しながら、指原のパートは自身で歌った。

 楽曲もなかごろ、ステージ上手からサイドカーに乗った内田さんと思わしき人物。スクリーンにアップの映像が流れると、その人物が松本人志であることが判明。会場からは大歓声が上がった。

サイドカーに乗って登場した松ちゃん(撮影=木村陽仁)

 松本は指原に向かい「これは完全に怒られるヤツ」と語ると、空を見上げ「裕也さん僕じゃないです。指原が~」と責任を指原に押し付け、更に「炎上を…と圧をかけてきて」と、過去に松本の炎上を火消しした恩返しとばかりに指原が要求してきたとの趣旨を語った。これに指原は「収まって良かったですね」と余裕の表情。

 更に松本は「秋元(康)さんも喜ぶから~」と言ってきたことを明かした。それにも笑顔で流す指原に、松本は「きょうの(午後)2時からリハやって。時間が空いたから中華街に行って」と指原莉乃名義で切った領収書を持参。これには指原も「高い!」と驚き、場内は大爆笑。

内田裕也さんに扮した松ちゃん(撮影=木村陽仁)

 そんな松本は「とにかくよく頑張ったよ。俺の卒業の時も来てね」とし、指原はすかさず「ダウンタウンのですか?」と再び大爆笑。最後は2人でデュエットし、ハートマークを作った。去り際も松本は「お疲れ~、高くつくからな」。大爆笑を誘い、指原の卒コンを盛り上げた。

 松本が去った後、指原は観客に向かい「すごくないですか、衝撃的。みなさん初まっちゃんじゃないですか? 有難うございます。緊張した」と笑顔をみせていた。

この記事の写真

記事タグ