門脇麦、小松菜奈、成田凌

 小松菜奈、門脇麦、成田凌、秦基博、塩田明彦監督が24日、都内でおこなわれた、映画『さよならくちびる』(5月31日公開)完成披露試写会に登壇した。

 小松が演じるレオ、門脇が演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ「ハルレオ」の解散ツアーを舞台に、各地を巡りながら心へ真っ直ぐ届く名曲に乗せて、人と人との絆と前を向いて生きることの大切さを描く。成田はハルレオの付き人兼ローディのシマを演じる。海外の映画祭でも高く評価される『害虫』『どろろ』の塩田明彦が監督・脚本・原案を務めた。

 劇中で門脇と小松が披露する、主題歌「さよならくちびる」のプロデュースを秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」の作詞・作曲をあいみょんが担当した。

小松菜奈

小松菜奈

 劇中で2人はギターの弾き語りに挑戦。門脇は過去の作品で歌手の役を演じたことはあるが、未経験の小松含め、ギターはほぼ初心者。

 小松は「歌もギターも、スタッフさんからしたら一番不安な人物だったと思う」とし、劇中で3曲に挑むことを聞かされ「できるか不安、怖さというか、それを披露して映画として公開されるのは怖いと思った」と当時の心境を明かした。

 そうしたなかで救いになったのは門脇の存在だったという。「麦ちゃんという信頼できる人がいて。練習する日々で孤独な時間があって。できなくてイライラする日々もあった。でも麦ちゃんと練習する時、(成田と)3人で合わせるときは楽しくて。お互いこれが難しいと素直に言えたことで、だんだんと楽しくなって、形になった」と振り返った。

門脇麦

門脇麦

 撮影に入る1カ月前からギターの練習を始めたという2人。コードを覚えるところからスタートし、はじめは個人個人に先生が付いたというが、門脇も「孤独な戦いだった。なかなか上達しないし…」。そうしたなか支えになったのは小松の存在だった。

 「2人でカラオケに行って、渋谷の街をギター担いで、練習して。そこから、1人で練習しているという孤独感を菜奈ちゃんも味わっている、ということが知れたターニングポイント。本来音楽は楽しいもの、(役柄の)ふたりも楽しくて音楽を始めて、楽しむことを忘れていた」

成田凌

成田凌

 成田は付き人兼ロ―ディーのシマを演じた。涼し気な顔で「僕は主にタンバリンだった」としながらも成田自身も孤独を感じていたのだという。「僕はエレキギターの練習でしたので、(アンプを通さないと大きな)音が鳴らない。家で孤独を感じながら練習していて」。役柄が自体は「凄くギターが上手い役でしたので、練習しきれないところもあって怖かった」としながらも「最終的には手元も僕のもので撮ってくれ」と言えるようになっていたという。。

 監督はそんなハルレオを「完璧です」と称えた。「撮影に入る3日前。初めて2人が衣装を着てギターを持って歌う“儀式”があったけど感動的だった。目の前にハルレオがいる。僕だけじゃなくてスタッフも泣いていた。それまでの苦労を知っているから。でも成田君は楽屋で練習。ここでも孤独な戦い」と最後は落とした。

小松菜奈

小松菜奈

 撮影は6月から1カ月。夏の暑い時期におこなった。ライブツアーのように各地を巡った。小松は「各地でお客さんの反応も違う。立ってみるのと座ってみるのも違う。1カ月ちょっとだけどアーティストの気分、これは気持ちいいだろうなと思えて。一緒に歌うのは感動的で、良い経験でした。

 門脇は、目の前に観客がいる状態で歌うのは「気持ちいいのもあるし、コードが不安定だから不安がギリギリまであって、でも楽しんでもらいたい、良い気持ちになって帰ってほしいという気持ちが自然と湧いてきて。お客さんが私たちをミュージシャン役にしてくれたなと思いました」。

門脇麦

門脇麦

 そんな門脇はかねてからミュージシャンを尊敬していると語っているが、この役を通して改めてその思いが大きくなったという。「今回に関わらず私たちの仕事は書かれている事を言うのが仕事。歌手は自分の言葉で綴って勝負している。体一つで勝負。敵わないと常々思っている。そういう人たちに対して失礼のないように。リスペクトのようなものは更に大きくなりました」。

 そんな門脇と小松は初共演。小松は門脇の印象を「麦ちゃんはとにかく落ち着いていて。落ち着いているけど、一緒にふざけてくれる。お互いね、滑稽」とすれば、門脇は「撮影中は髪がメッシュで、菜奈ちゃんは更に短くて、私の事をしめじ、私はえのきと言っていた」と振り返った。

 そのエピソードが物語るように、この日も笑顔が絶えなかった。

 この日登壇した秦との内容は「門脇麦と小松菜奈、秦基博の提供曲に感謝「何度も助けられた」「感動」」で。

記事タグ