元NMB48で歌手の渡辺美優紀が、自身の新アルバムに収められているブックレットのアザーカットを公開。メリーゴーランドの前で左足を挙げたポーズしたもので、その妖艶な雰囲気にファンから「スタイル良過ぎ」「美脚が眩しい」などと反響が寄せられた。

 3日に自身のファースト・ソロ・アルバム『17%』をリリースしている渡辺。20日に自身のインスタグラムを更新し、「ALBUM『17%』の中のブックレットのアザーカット 正真正銘のわたしだよ~」とのコメントを付けて、画像を公開した。

 渡辺がアップしたのは計3枚。いずれも煌びやかにライトアップされたメリーゴランドの前で、渡辺が左足を上げたもの。黒の衣装を着た渡辺は顔を抑えるしぐさなどをしており、妖艶な印象を与えている。

 このショットにファンから反響の声が続々と挙がり、称賛のコメントが殺到している。

 投稿のコメント欄には「スタイル良過ぎだね」「美優紀ちゃんのバランスって本当神of神」「生きる芸術ですか?」「色っぽい」「美脚が眩しいです」「太もものラインが好きです」「スタイルよすぎてむり…足綺麗」などの声が見られ、その美脚をはじめとしたスタイルの良さにくぎ付けになっているようだ。

 渡辺の新譜アルバム「17%」は、つんく♂が作詞・作曲した「夕暮れセンチメンタル」、いきものがかりの水野良樹が作曲を担当した"りんご麗し 実りの季節"など豪華な音楽家とのコラボで注目される。

 NMB48在籍時に、“さやみるきー”として渡辺と人気をけん引した山本彩もまた、卒業後にソロシンガーとして活動をスタートさせている。

 昨年12月、東京・新木場STUDIO COASTで、ワンマンライブ『Christmas Premium Live 2018』を開催した渡辺。その際、「お互いに刺激し合えるような関係でいられたら」とし、切磋琢磨していきたい気持ちを語っていた。

 また、「17%」の歌詞ブックレットの写真は、マカオのラグジュアリーホテルで撮影したもので、FC限定盤、初回限定盤、通常盤と少しずつ異なる絵柄になっている。

記事タグ