日向坂46が19日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演し、デビュー曲「キュン」をパフォーマンスした。同番組への登場は今回が初めてで、ネット上などで話題になっている“キュンキュンダンス”を披露し、ネット上で反響が起きている。

 日向坂46は、2015年に「けやき坂46」として結成。今年2月にグループ名を「日向坂46」に改名し、今回が初のMステ出演に。デビュー曲「キュン」は、ひらがなの「ひ」を描く“キュンキュンダンス”が話題となり、モバイルアプリ「TikTok」などで人気を高めていることが紹介された。

 楽曲「キュン」でセンターポジションを務める小坂菜緒は、司会のタモリから仲の良い人について尋ねられた。小坂は雑誌「Seventeen」の専属モデルを務めており、同じく専属モデルの女優・桜田ひよりと親しいことに言及。あわせて2ショット画像が公開されると、タモリも「かわいいね」と納得の笑顔。

 また、タモリは“キュンキュンダンス”の振り付けが両手で「ひ」を描いていることに、「アレ、“ひ”だったんだね」と感心。放送前には、同番組の公式ツイッターに小坂、齊藤京子、加藤史帆が動画で登場。意気込みを伝えていたが、ステージで日向坂46のメンバーは綺麗なフォーメーションを組み、キュートかつ元気なパフォーマンスを披露した。

 ツイッター動画のなかで、齊藤はMステへの出演が「一番の夢」と語っており、ファンもこの瞬間を待ち望んでいたようで、SNS上には「日向坂ちゃんMステ初出演おめでとう」「Mステ良かった~~!輝いてました」と祝福の声が相次いだ。

 さらに、「キュンキュンダンス最高!」「キュンキュンダンスかわゆ」などとダンスパフォーマンスに反響が起こり、「可愛すぎてキュンキュンした!」「キュンキュンが止まらん」「こさかなの『かわいい』でキュン死」などと胸“キュン”するファンも続出。ネット上では「日向坂46」や「小坂菜緒」の名前が注目されているようだ。

 3月27日にリリースされた「キュン」は、女性アーティストによる1stシングルの初週売上枚数で歴代1位を記録。今回の国民的音楽番組への出演を契機に、さらなる旋風が期待されそうだ。

記事タグ