King & Princeの永瀬廉が18日、都内でおこなわれた、主演映画『うちの執事が言うことに』(5月17日公開)完成披露試写会に登壇した。

 この日は、共演した同じグループの神宮寺勇太や、清原翔、優希美青、神尾楓珠、矢柴俊博、村上淳、吹越満、久万真路監督も登壇した。

 映画は、累計発行部数110万部を超える同名ミステリー小説が原作。名門・烏丸家の第27代当主となった主人公が、次々と起こる不可解な事件に挑むミステリー。主人公の花類を演じるのは今作は初主演映画となる永瀬。不本意ながらも花類とコンビを組む仏頂面の新執事・蒼馬を清原、親し気に近づいてくる大学生で企業家・刻弥を神宮寺が演じる。

 撮影は昨年。King & Princeのデビュー年におこなわれ、1年越しでの公開となる。永瀬は「この時がやっときたかとニヤニヤが止まらない。嬉しい。撮影現場もたくさんの方に支えられて。待ちに待ったこの時間です」と笑み。清原も「キンプリがちょうどデビューするときに撮影して。記念すべきときに一緒に携われて嬉しい」と語った。

 また、久万監督は「この1年で若手の皆さんがすごく成長しているので、ある種懐かしい気持ちと、去年撮れたことの新鮮さ、フレッシュな生き生きしているところが作品に現れている。1年経ってこうして機を熟してお見せできるのが嬉しい」と述べた。

 一方の神宮寺は今作が映画初出演となる。「バチバチのフレッシュ。1年前と何かが違う。それは何か、『顔つき』。色気が少し出てきた」と自賛。完成した作品を見て「(内容が)分かっているけど、(知らないうちに)自分も謎を解いていたので、そういう(没頭できる)作品なので素晴らしい」と語った。

 永瀬と神宮寺は撮影に入る前に、永瀬の家で台本の読み合わせをおこなったという。しかし、テーブルの上にあったジェンガにのめり込み、ついつい遊んでしまったとか。神宮寺から「ジェンガが強い」と言われた永瀬は「途中から目的が変わってしまって、人生ゲームとかもやって…」と当時を振り返った。

 そんな2人だが、撮影では新たな発見もあっという。それはクライマックスシーン。神宮寺の様子を永瀬は「めちゃくちゃ集中していて、『話しかけるなよ』という雰囲気が出ていた。目をつぶって役に入っていて、そんなジン(神宮寺)は見たことがない、いつもチャランポランだから、面白いことをしているなと」と冗談を踏まえて明かせば、神宮寺も「おかげで良いシーンが撮れた」と満足げだった。

 一方の永瀬は、村上ら大御所に挟まれての台本読み合わせ時がなかでも緊張したという。「プレッシャーがすごくて3キロ痩せました。僕、人見知りで、でも今では打ち解けて…」。自身を「人見知り」と称した永瀬だが、共演者からは「ぜんぜん感じない」「中心になってコミュニケーションをとってくれた」「座長として引っ張ってくれた」と称賛していた。

 また、本作を通じて永瀬は「もっと演技を勉強したい」という思いが芽生えてきたという。「皆さんが優しくて、現場のスタッフも温かった。主演を気負わずにできて、いろんな役をやらさせて頂き経験を積みたい。この作品が主演作で良かったとこころから思った」と振り返った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)