シンガーソングライターの山本彩が16日放送のNHK『うたコン』に出演。その姿がネット上で「感じ随分変わったな」「もうアイドル感がない」などと話題を広げている。

 この日は「総決算!平成ヒットパレード-第1夜-」と題して放送され、平成の時代に登場した名曲をアーティストがそれぞれ歌唱した。

 山本は番組冒頭、トップバッターとして登場。自身がAKB48時代にセンターを務め、朝の連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌だった「365日の紙飛行機」をソロで歌唱した。

 さらに、演歌歌手の水森かおりや岩佐美咲とDREAMS COME TRUEの「未来予想図II」をコラボした山本は、自身の楽曲「イチリンソウ」も歌唱。NMB48を卒業後、「一人で音楽をやっていく中で、一輪草のように自分も一人でも力強くいきたいなという思いで書きました」と紹介。力強い歌声を響かせていた。

 この山本の歌唱はネット上で反響を呼び、「かっこいい」「癒された」「とっても透明感あっていいな」などと好印象をもって迎えられ、さらに、山本の″雰囲気″がクローズアップされている。

 この日の山本はショートヘア。センター付近で髪の毛を分け、おデコを出している。ボーイッシュな趣きを備え、司会の谷原章介は「イメージチェンジした髪型、素敵ですね」とべた褒め。山本はシンガーとして充実した歌声を響かせていた。

 この山本にネット上では「さや姉の感じ随分変わったなぁ」「さや姉、しばらく見ないうちに凄い雰囲気変わって驚いたゾ」「彩ねぇ、雰囲気ガラッと変わってて、名前でなかったらまずわかんない」「山本彩が美男すぎて一瞬本気で惚れそうになった」などの声が寄せられ、従来のイメージを大きく覆す印象を与えたようだ。

 さらに、「もうアイドル感がないよね! カッコいい1人のアーティスト!」との声も。歌手として新たなステージにチャレンジする山本の姿に、心を打たれたファンは多いようだ。

記事タグ