AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康氏が、新たなアイドルグループを誕生させるべく、2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれた究極のアイドルグループ、ラストアイドル。2019年1月よりテレビ朝日系 同番組では約50年もの歴史を誇る“歩く芸術”に名物監督・清原信彦氏(77)の熱血指導のもと、総勢52名となったメンバーが挑戦してきた。

 いよいよ4月17日(水)に発売される新曲「大人サバイバー」のMUSIC VIDEOがYouTubeに公開。初回限定盤のDVDに収録されるミュージック・ビデオとは編集が異なる、WEB限定のディレクターズ・カット版となる。

 今作は1期生22名、2期生12名、2期生アンダー18名の総勢52名全員での歌唱シングル。52人が学校一棟を貸し切ったロケーションの教室や渡り廊下、階段や校庭といった様々なシチュエーションでフォーメーションごとに、ダンスを魅せていく。

 「歩く芸術」要素が連動した振付はZoo-Zooが担当している。なお、各メンバーの制服を着た教室でのシーンも含まれており、次から次へとカットがテンポよく変わっていく。なお、メンバーがどんどん、曲が進むにつれて感情を帯びていくように、ロボットのように無表情に踊っていたメンバーが徐々に開けてくる変化も演出されている。

 今作の監督を務めたのは、アパレルのWEBムービーなどを数多く手がける新進気鋭の映像ディレクターのGOMEZ。GOMEZ監督は以下、コメントしている。

GOMEZ 監督本人コメント

 集団行動には 群れをなす鳥影のように、 一糸乱れぬ動きと、規則的な全体の美しさがあり、一見無個性であるように見えるそれらは全てが違う個体であり 個の動きが全体の動きに影響を及ぼしていて、その変化は個体から全体へ そして、全体から個体へと繰り返して美しさを生み出しています。

 MVでは、ラストアイドル52人全員が一つの大きな生き物に見える様に作りました。その生き物の細胞は少しづつ変化を共有して、やがて大きく羽ばたきます。

 閉められたドアを蹴破って、彼女達がSurviveする姿を見て下さい。

「大人サバイバー」MV(ディレクターズ・カット)

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

ラストアイドル「大人サバイバー」MV

記事タグ