今後の活躍が注目されている女優がいる。「福岡の宝石 糸島の輝き」と呼ばれる、大原梓(おおはら・あずさ)だ。miwaの「RUN FUN RUN」のミュージックビデオに出演。4月には「週刊ヤングジャンプ」「週刊プレイボーイ」でグラビアを飾った。惹きつけるのは彼女の目だ。真っ直ぐな瞳は何かを語り掛けるよう。所属事務所には今をときめく今田美桜がいる。いわば彼女の妹分はどのような人物なのか。本人を直撃した。【取材・撮影=木村陽仁】

恥ずかしさを忘れたグラビア、芝居にも繋がる経験

 彼女にとって初めてのグラビアだ。ビキニを着るのも初めて。最初は緊張もあったが、そのうち役に入り込むように、カメラマンの意図に応じてポーズを決めていく。

 「その場を楽しんで臨めたと思います。最初の方はたぶん初々しさも出ていると思う。緊張していましたが周りのスタッフの皆さんが本当に温かくて。グラビアを通して自分が表現したいことができたと思います」

 この経験で大きなものを得た。

 「恥ずかしさを忘れて、思い切ってやる、それは演技にも通じることだと思います。恥ずかしがっていたら演技も出来ない。恥やプライドを取っ払ってやる、そういう土台がこの経験で出来たと思います」

 自身のなかでもグラビアへのイメージが変わった。

 「最初は恥かしさや不安もあったけど、やって見てグラビアは魅力的なものだと思いました。だから、雑誌になって発売されたときに、グラビアをやることで変わっていく自分の内面を少しでも感じてくれたら嬉しいです」

福岡の宝石 糸島の輝き

「週刊プレイボーイ」アザーカット(C)松岡一哲/週刊プレイボーイ

 鋭い眼光で見つめる。しかし、ひとたび笑顔を見せれば、屈託のない19歳の表情になる。「福岡の宝石 糸島の輝き」といわれるゆえんはそこにある。古くは「伊都国」があった福岡県糸島市の、自然に囲まれた町で育った。

 学生時代にモデルのローラに惹かれた。「とにかくキラキラしていました。格好いい姿を見て私もあんな風になりたいと」。高校1年生の時に一念発起で、地元の美容専門学校のショウモデルになった。

 高校卒業後は専門学校のモデルタレント学科に進学した。将来はモデルを…と考えていた彼女だったが、演技の授業を受けた時に「お芝居は楽しい」と思えた。

 「初めて演技した時に、普段はあまり感情を出さないけど、演技では自分の感情をダイレクトに表現することができる。そこに楽しさを覚えてお芝居に興味を持ちました。そして同じ福岡県出身の今田美桜さんの喜怒哀楽の切替えが激しい演技を見た時、圧倒され、女優を目指すようになりました」

 専門学校で演技を勉強していた彼女。今年1月にスカウトされ、この春上京した。

 「普段は怒鳴らないし、大泣きもしない。でもお芝居ならそれができる。感情が吐き出せる」

 女優に惹かれた理由だった。

評価された「目の表現力」、自負は「切り替えの早さ」

 グラビア撮影を担当したカメラマンからはこう言われた。

 「眼差しが強い。目の表現力がある」

 感情が吐き出せることが惹かれた理由の女優業だが、彼女には、言葉を発さなくても伝えられる目の力を持っている。ただ本人はまだそういうことへの意識はない。

 「内側にあるものも表現できるようになれたら嬉しいな」

 上京して初めての仕事は、miwaの「RUN FUN RUN」のミュージックビデオだった。『名古屋ウィメンズマラソン2019』のために書き下ろした楽曲ともあって、MVでは走りに走った。

 「自分自身も楽しんで走りました。3人で合計15キロぐらい。2日間、朝から夜まで走って。動くことは得意ではないけど、体力はある方だと思う。とにかく右も左も分からないなかで挑みました。私にとって大事な経験になりました」

 そんな彼女は普段、あいみょん、SIRUPを聴いているという。

 将来の夢は、NHK連続テレビ小説でのヒロイン。

 「大きな目標ですが、事務所の先輩でもある今田美桜さんのように男女関係なく、誰からも愛される女優さんになりたいです。そして時代を代表する樹木希林さんのように、幅広い年齢層の役を演じれる『令和』を代表する女優になりたいです」

 強みは何か?

 「いさぎよい。切り替えがはやい。開き直りが早い。やっぱり気にしてもしょうがないと思うんです。考えるときは考えるけど、考え切ったところで『とにかくやってみよう!』となる。キリが無くなってくるから」

 満面の笑みを浮かべてそう答える。10代らしい答えだが、切り替えは芝居には必要なスキルだ。その真っ直ぐな瞳に映るのは輝かしい女優人生への希望。彼女の今後の活躍が期待される。

(おわり)

ヘアメイク=Toyoda Yousuke(Rooster)

プロフィール

 大原梓(おおはら・あずさ)2000年1月31日生まれ、福岡県糸島市出身。2019年春上京して本格的に芸能活動を開始。miwa「RUN FUN RUN」Music Video出演(名古屋ウィメンズマラソン2019テーマソング)、「週刊ヤングジャンプ」「週刊プレイボーイ」でグラビアにも挑戦。今年秋公開予定の映画『いのちスケッチ』に出演。特技は、クラシックバレエ、ピアノ、フルート洋服を作ること、食べること。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。