平成を「紅白」で振り返る「平成紅白歌合戦」が4月29日にNHKで放送される。その司会に嵐の櫻井翔と小野文恵アナウンサーが決まった。櫻井は「ご覧頂く幅広い世代の方々が、“平成の紅白”を架け橋に沢山の会話が生まれるような番組にしていきたいと思います」と述べた。

 平成の30年間、毎年大みそかに放送してきた「NHK紅白歌合戦」は、「歌」を通じて時代を映してきた。「令和」への改元を目前にした4月29日の夜、30年間の「紅白」を通して、終わりゆく平成を、時代を彩った音楽で振り返る。

 番組は2部に分かれて放送、第1部は平成30年間の名歌唱名場面を集めて届ける。平成の紅白を代表する3組のアーティスト、嵐・北島三郎・松田聖子がスタジオに集い、感動の思い出や今だから話せるエピソードを語る。

北島三郎

松田聖子

 これに伴い、視聴者からのリクエストを募集する。もう一度見たい平成紅白の名シーンとその理由を、番組ホームページで受け付ける。

司会:櫻井翔コメント

 紅白歌合戦、平成最後の司会という大役を仰せつかったのが3カ月前のこと。

 そして平成最後の日を迎えようという日に、紅白歌合戦の 30 年を振り返る番組の司会を務めさせていただけること、大変光栄に思っております。

 最初の10年は小中学生。一視聴者としてテレビを見ていました。

 続いての10 年はジャニーズ Jr.として、そして嵐として、憧れの舞台として眺めていました。

 そして最後の10年が始まることとなる2009年。

 嵐10 周年のタイミングで紅白の舞台へ迎えて頂きました。

 以来、毎年あの舞台へとお招き頂いております。

 ご覧頂く幅広い世代の方々が、“平成の紅白”を架け橋に沢山の会話が生まれるような番組にしていきたいと思います。

 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 櫻井翔

放送予定

 2019年4月29日(月・祝) 第1部 19:30〜20:55(※20:55〜22:00はニュース中断)第2部 22:00〜23:30(1部、2部ともに総合テレビ)

記事タグ