風男塾とael -アエル-、EUPHORIA(ユーフォリア)による総合男装エンタメプロジェクト「dreamBoat」が発足。そのお披露目ライブ『dreamBoatコンベンション2019』が7日、東京・渋谷ストリームホールでおこなわれた。

 インペリアルレコードとケイダッシュステージが立ち上げた。男装のパイオニアとして活動中の風男塾を筆頭に、新生男装ユニットの「ael -アエル-」と「EUPHORIA」(ユーフォリア)が加わり、「ワンアンドオンリー」を発信していく。

 会場を埋め尽くすファンを前に7曲を披露した3組。EUPHORIAは「君はDestny」など、aelは「終わりなきラプソディ」など、風男塾は「Dash&Daaash!!」などそれぞれ個性溢れるナンバーをアグレッシブに届けた。

 途中、3カ月連続シングルを発売することを発表。6月には風男塾がシングルを、7月にはaelが、8月にはEUPHORIAがそれぞれデビューシングルをリリース。更に秋にはスペシャルライブをおこなうことも報告。

 風男塾の愛刃健水は「3カ月頑張った成果がこの秋のライブに表れますので、皆さん力を合わせて頑張りましょう!」と呼びかけた。

 そして、3組で「男装レボリューション」。大歓声の中、迫力のパフォーマンスを見せて魅了した。

 ここで改めて意気込み。

 EUPHORIAは「『EUPHORIA』は幸福感という意味があります。皆さんに幸福感を味わってもらえるように頑張りたい」、aelは「ロックでかっこいい曲を見せたい。ライバルとしても先輩としても後輩としても一緒に頑張っていきたい」、風男塾は「新体制になって2カ月。盛り上げていきたい。DreamBoatが出来て世界が見えてきた。きょう行けると確信した。みんなで盛り上げてきましょう」。

 イベント後には報道陣による囲み取材に応じた。

 風男塾の愛刃健水は「どのグループも色があるし、個性がある。これから男装文化を広げていきたいと思っています」と宣言。男装の魅力を尋ねられると、花園千知は「違う自分にもなれて、スイッチも入る。2つの自分がいて面白と思ってくれる。乙女ゲームに入ったような感じでそのキャラクターがより感じられる。味わってほしい」、世梨沢伊織は「女性にしかできないキュンキュンさもできる。女性からしたら男性に対して女性の気持ちを分かってくれないと言われることもあるけど、女性だから分かるところがある」。

 愛刃健水は「女性がキャーキャー言う姿を見られるのは、アイドルの中ではないんじゃないか。かっこいい楽曲も多くて男性の声もライブでは必ず必要になりますので、老若男女に楽しんでもらいたい。それと髪を切ったというのもすぐ分かる。これだけいるとキャラクターが様々いるので、どれかはハマると思う」と語った。

 デビューシングルを発売することが決まったaelとEUPHORIA。改めてaelとの有光陽稀は「デビューシングルをこのグループで出せるのは嬉しい。ロックでかっこいい姿を見てほしい」、EUPHORIAの世梨沢伊織は「キラキラと王子様のようなイメージで女性心をキュンキュンさせたい」と語った。

 将来の目標として世界を視野に入れていると明かした3組。愛刃は「男装文化を世界に広めキュンキュンさせたい」、陽稀は「男装は日本特有のものだと思う。世界でかっこいいと思えるようになりたい」、世梨沢は「dreamBoatで世界にけたら」と意気込んだ。

 また、愛刃はもう一つの目標に武道館でのライブも掲げた。「武道館を掲げて全力が頑張っている。武道館と言わずドームも行けると確信した」と力強く語った。陽稀も「新しいアイドルのカタチを見せられたら」と語った。

記事タグ