4人組ラウドロック・アイドルのPassCodeが4月3日、メジャー2ndアルバム『CLARITY』をリリース。昨年はアジア2カ国を含む全20公演の自身最大規模ツアー『Taking you out TONIGHT! Tour』を完遂し、新たなステージへと踏み出した4人。1年8カ月振りのリリースとなったフルアルバムは幅広いカラフルな1枚。インタビューでは、昨年のツアーを振り返ってもらいつつ、短期間での集中してのレコーディングだったという今作の制作背景、さらに「成長痛」と話すこれからのPassCodeについて、南 菜生と高嶋 楓の2人に話を聞いた。【取材=村上順一/撮影=冨田味我】

同じ場所でも全然景色が違った

南 菜生

――4月13日から『PassCode Zepp Tour 2019』が始まりますが、規模も広がり順調ですね。

高嶋 楓 昨年のツアーが終わってからは、セットリストもその流れで組めているので、不安もなく心の底から楽しんでライブをやれている感覚があります。でも、ツアー中は色々考えてしまうんです。例えば初めて行く土地や初めて観に来てくれるお客さんだと、どんな感情になるんだろうとか、良いパフォーマンスが出来るか不安になります。

――様々な困難を乗り越えて来たPassCodeですが、まだ不安なこともあるんですね。

高嶋 楓 確かに一昨年のツアーは今田の活動休止もあったので、困難を乗り越えたツアーで、それに比べたら今は大丈夫なんですけど、まだまだ考えることはあります。

南 菜生 『ZENITH TOUR』が一人ひとりが苦しんだツアーで、私は自分のペースがなかなか取り戻せなかったんです。今まで降って来ていた言葉も出てこなくなって、ライブを純粋に楽しむことが出来なくなってしまって…。なのでフェスとかは話す事を決めて臨んでいました。でもしっくりこなくて、どうしようって。初日をO-EASTで迎えたんですけど、探さなくてもスラスラ言葉が出てきて。無くしたものが押入れから出てきたみたいな感覚でした。そこからライブをするのが楽しくなってきたんです。

――今までは話す内容は考えていなかったんですね。

南 菜生 そうなんです。考えなきゃいけないというのが凄く苦痛で…。その時の光景によって話したい事って変わるし、日によってライブって違うじゃないですか? 話す事を決めてしまうと的を絞った話になってしまうので、その時に思っていることとズレてしまうのが嫌なんです。だから、ずっとライブのMCがしっくり来てなかったんですけど、やっと自然と出てくるように戻ってきました。

――高嶋さんは隣で南さんのMCをどういった気持ちで聞かれてるんですか。

高嶋 楓 今日も良いこと言ってるなって(笑)。私は特に「Ray」の前のMCが気に入っていて、メンバーにも響くような言葉を言ってくれるんです。

高嶋 楓

南 菜生 私の中でMCがハマったかハマってないかは、高嶋がこっちを向いて頷いているかどうかで分かるんです。こっち見ている時はハマってるんだなって(笑)。メンバーとライブに対する感情にズレがなかったんだなって。

――良い関係性ですよね。ちなみにライブパフォーマンスの課題はあるんですか。

高嶋 楓 リリースする度に曲のキーが高くなって来ているんです。プロデューサーの平地(孝次)さんがここまで出るんだったら、ここまで出る曲作ろうみたいに楽しまれていて(笑)。それをダンスしながら歌うと体力を持っていかれるので、課題はそこですね…。

――限界ギリギリまでいっていますよね…。昨年はZepp DiverCityでツアーファイナルを迎えましたが新しい発見や感情は生まれましたか。

高嶋 楓 前にやった時は背伸びしてやって、頑張って何とか出来たかなと思えたライブでしたけど、今回は早い段階でソールド出来て、バンドセットもずっとやってきたメンバーなので2年前とは違うし、同じ場所でも全然景色が違かったんです。2年でこれだけ変われるんだったら、この先もっと変わって行けるなと終わってから思いました。2年前はこんなの無理だと思ってたんですけど(笑)。逆に2年後はどうなってるんだろうって。

――場所でいったら、武道館でやってるかもしれないですよね。でも、場所へのこだわりはありますか。あまり聞いた記憶がない気がしまして。

高嶋 楓 PassCodeは初期の頃から場所についてはあまり言ってこなかったんです。それは、目の前の事をコツコツとやっていくのが私たちのスタイルだったので。でも、武道館でやれたらもちろん嬉しいですけど、背伸びしてまではやらなくてもいいかな…。武道館に似合うグループになった時にやりたいです。


記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。