シンガーソングライターの米津玄師が、自身のツイッターのフォロワー数が200万件を突破したことを報告。「とてつもない数字だ。やばいな」などと驚き、感謝している。

 4日に自身のツイッターを更新した米津。「Twitterフォロワー200万人ありがとうございます」とし、自身のツイッターのフォロワー数が200万件を突破したことを伝えた。

 そして、その大きな数字には「とてつもない人数だ。やばいな。引き続きよろしくね」と自らも興奮しているように綴り、ファンに変わらぬ応援を期待している。

 2009年7月に登録された米津のツイッター・アカウント。ボカロPの「ハチ」を含め、米津の名前が知られるにつれてフォロワー数が伸びてきた。ライブへの参戦に感謝し、仲の良い人との記念ショットなどを公開。先日には、子供の頃の実体験をこめたツイートが話題をさらっている。

 その米津は“数字”で快挙を遂げたばかり。昨年末にNHK紅白歌合戦で披露した楽曲「Lemon」は、日本のミュージックビデオでは初となる3億再生回数を突破している。

 さらに、先日には楽曲「orion」が1億再生回数を突破。「Leomon」を含め、「ピースサイン」「LOSER」「アイネクライネ」「打上花火」「灰色と青(+菅田将暉)」の計7作品が1億再生回数超えという驚きの数字を叩き出している。

 今回のツイートにもファンから多くの声が寄せられ、驚きや祝福のコメントが殺到。公開から13時間で「いいね」の数は10万件を突破している。 

記事タグ