山下智久が4日放送のTBS系『櫻井・有吉THE夜会』に出演。亀梨和也と組んだ「修二と彰」のデビュー当初、「仲悪かった」と衝撃の発言をする一幕があった。ただ今では正月を一緒に過ごす仲であることを語った。

 山下のこれまでを年表形式で紹介するなか、20歳だった2005年、亀梨と組んだ「修二と彰」の楽曲「青春アミーゴ」が162万枚のCDセールスを記録したことが紹介された。

 その当時、山下は「うれしかったのは、自分でカラオケ行った時の履歴にこの歌(青春アミーゴ)がよく入ってたので、みんな歌ってくれてるんだ」と喜んでいたことを語った。

 ただ、その反対にある出来事も。山下は「バチバチしてました」と亀梨との関係を明かし、「グループ的にもNEWSとKAT-TUNで同じ世代で」とライバル関係のような感じだったという。

 そして、「亀は華麗にウィンクとか決めるわけですね。キャーっていうのがあって、僕はどっちかっていうと男とばっかりつるんでた。そういうの恥ずかしいからというとこで、嫉妬してた」と亀梨へのジェラシーを抱えていたことを述べた。

 ただ、今当時を振り返るとまた違う感情があるようで、「亀のプロ意識といいますか、それにできない自分がふがいないというか」と、亀梨への憧憬があったことを明かし、「仲悪かったです」とした。

 そして、2人はダブル主演を務めた日本テレビ系ドラマ『野ブタ。をプロデュース』に出演。その撮影がある中で、亀梨と山下は「お前のここが嫌い」と正直にぶつかり合い、「ゼロになってすっきりしてからドラマ撮影に挑んだ」と当時のエピソードを語った。

 それらの出来事を経て、「毎年、お正月は亀の家で一緒に飲むっていう。ここ4、5年続いている」と深い関係性になっていることを山下は話した。

 また、番組では亀梨のコメントも紹介し、「そんなに嫌われていたとは正直、全く気付かなかった。山Pは立っているだけで絵になる男なので、自分は何か一癖と思って色んなパフォーマンスをしていた。嫉妬していたなんて、逆に光栄、ありがたい」とのメッセージも寄せられていた。 

記事タグ