EXILE ATSUSHIのバックダンサーとして活躍し、ダンス・歌・ラップの三刀流で存在感を放つLDH MUSICの新鋭R&Bシンガー・MABUが5日、デビュー曲「HOT365」(ホット・サンビャク・ロクジュウゴ)のティザー映像とジャケット写真を公開した。

「HOT365」ジャケ写

 デビュー曲「HOT365」は、東方神起、AI、三浦大知などの楽曲で知られる音楽プロデューサー・UTAが手がけた春らしい軽快なトラックの上に、恋愛の駆け引き模様が描かれる「PLAY BOY」スタイルのリリックを乗せた、MABUらしい仕上がりの一曲。MABUの持つ天性のグルーヴが存分に楽しめる作品となった。

 ティザー映像では、多くの有名アーティスト作品を手がけるtatsuaki監督によるLAで撮影されたMVの一部を先行して鑑賞することができる。こちらは、歌詞のテーマをもとに、一目惚れした意中の女性をMABUがエスコートするストーリーとなっており、4/29のデビューリリース日に公開予定のMVを期待させる内容となっている。

 同時に公開されたデジタルジャケットのコンセプトについて、MABUは「曲のサビを1枚のジャケットで表すとこうなりました。自分と居ると、365日毎日がHOTになれるよ!という歌詞なので、曲を聴いてジャケットを見て楽しんでもらえると嬉しいです」とのコメントを寄せている。

【『HOT365』ティザー映像】

https://youtube.com/watch?v=D0-HXClJd6U

記事タグ