3月末でTBSを退社した宇垣美里アナウンサーが、4月1日よりオスカープロモーションの芸音本部に所属することが決定した。

 宇垣アナは「まだTBSアナウンサーという自身の枕詞が取れたばかりで、その変化がどのような影響を及ぼすのかを実感できていません。きっと後からじわじわくるのだと思います。本当に変わってしまったなって感じるのは、きっとその瞬間よりも、変わってなかった頃の痕跡を目にした時のほうが強いと思うので。せっかく立場をかえて、違う景色を見ることができるようになったと思うので、自分で限界を決めず、色々なことに挑戦していきたいです」とコメント。

 オスカー所属を決めた理由については「いくつかのプロダクションとお話をさせて頂いた中、ドラマ、バラエティ、舞台、映画、など総合的にマネージメントをやっておられる事務所だと感じました。今後MC以外の仕事が充実できると考え、オスカープロモーションでお世話になることを決めました。これから様々なことに挑戦できると思うと、今から楽しみです。これからよろしくお願い致します」と語り、意気込んだ。

 宇垣アナは1991年4月16日生まれ、27歳。兵庫県神戸市出身。2014年4月、TBSテレビの編成局アナウンス部に入社、2019年3月同局退社。2019年4月1日よりオスカープロモーション芸音本部に所属。『週刊プレイボーイ』で連載中の「人生はロックだ!!」から抜粋したコラムに加え、沖縄での撮り下ろし写真満載のファーストフォトエッセイ「風を食べる」(集英社)が自身28歳の誕生日となる4月16日に発売決定。

 趣味は音楽、映画、舞台、アニメ鑑賞など。好きな音楽は邦ロック、クラシック。

記事タグ