香取慎吾が、稲垣吾郎の新作映画を鑑賞したことを報告。「吾郎ちゃんと.これから先の事を話し合った日の事を思い出し 涙」などと感激したことを伝えている。

 26日に自身のツイッターを更新した香取。「映画 #半世界 観てきました! #稲垣吾郎 × #阪本順治」と書き出し、稲垣が主演を務める映画『半世界』を鑑賞したことを報告した。

 続けて「#吾郎ちゃん の見た事ない顔がみれました。あんな笑い方する稲垣吾郎は本当に初めてみた。スクリーンに映る稲垣吾郎に感動でした。是非劇場で.観て欲しいです!」とファンに呼びかける。

 香取は映画から多くのことを感じ取った様子で、「人は人それぞれの世界で生きている。僕も僕の世界で生きている。僕は.僕の世界に沢山の人に入ってきて欲しい。僕は.少しでも人の世界に入り込んで生きたい」としたためた。

 さらに、「涙もろくなったかな.と思う。頑張れてるからの涙だと思う。嬉し涙だから.それでいいと思う」と続けた。

 そして、香取は「映画が始まり 『稲垣吾郎』と名前がスクリーンに 吾郎ちゃんと.これから先の事を話し合った日の事を思い出し 涙」と感激したことを報告。映画のなかで稲垣らが歌う大事マンブラザーズバンドの楽曲「それが大事」の一節を綴った。

 2016年末にSMAPが解散して以降、ファンサイト「新しい地図」を草なぎ剛と3人でスタートさせた香取と稲垣。それぞれが自身の活動をおこないつつ、先日には3人でファンミーティングに参加している。

 多くの思いを共有してきたであろう香取と稲垣。今回の投稿は計4つに分けて行われ、ファンからは続々とメッセージが寄せられる。

 香取のツイッターには「涙が止まらない」「慎吾ちゃん 涙が出るよ」「ヤバいよ、慎吾ちゃん。こっちも涙もろいよ」「泣かせるじゃないの 大丈夫だよ NAKAMAが沢山いるよ」「ずっとずっと 信じ抜く!」などと感動の声があふれた。

 さらに、「#半世界 は男3人の友情も大切な軸だよね。自分たちと重なるトコもあったんだね」と、香取、稲垣。草なぎとシンクロさせるファンも多く見られている。

 坂本監督がメガホンを持った映画『半世界』は2月15日に全国公開がスタート。稲垣のほか、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦ら豪華キャストが彩り、とある地方都市を舞台に、40歳手前の男たちの友情、家族愛が描かれる。

記事タグ