HKT48指原莉乃が26日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演。中学生時代に不登校になった過去を明かした。

 指原は「中学2年生のときに、確か、あんまりちゃんとは覚えてないんですけど、『学校に来ないでください』っていう手紙が家に届いて」と衝撃の告白をおこなうと、徹子は「えっ!」と驚きの声を上げた。

 徹子は「学校からじゃないの?」と独特の切り口で投げ返し、指原は口元を手で押さえて苦笑い。「そんなヤバイ学校あります? さすがに、学校から…」とツッコミを入れ、「差出人はわからなくって、当時学校にいた同級生だと思うんですけど」とした。

 続けて指原は「たぶん、自分は仲良くしてたつもりだったし、当時はその子が意地悪なのかなって思ったんですけど、いま考えれば自分にも何か原因があったのかな? とは思うんですけど」と当時といまの心境を口にした。

 そのうえで、「当時送られてきて『だったら行くのやめよう』って思って」と登校を拒否したとし、「本当だったら悔しいから行くと思うんですけど、本当に嫌になっちゃって、それで。弱くって、行かなくなって…」と続けた。

 不登校になった指原だったが、「母に『勉強だけはしてほしい』っていう話をされて、当時、学校には行かず、日中に塾に行って、家に帰るっていう」生活を送っていたことを語っていた。

記事タグ