Sexy Zoneの中島健人が26日、都内でおこなわれた『Disney イッツ・ア・クイズワールド』配信開始記念イベントに出席した。

 ディズニー公式エンターテイメントサービス「Disney DELUXE」初のオリジナル番組『Disney イッツ・ア・クイズワールド』が26日に配置開始。中島健人にとっては単独では初のMCを務める。

 同番組は、世界のディズニーリゾートのアトラクションやショー、フードの知られざるストーリーを紹介し、そのストーリーを紐解くことで、ディズニーの伝えたいメッセージや知られざる出来事を視聴者に伝える番組。毎回変わるゲストとの掛け合いやクイズを通してその世界観を紹介する。

 「ミッキー、ミニー、ケンティーです!」と爽やかな表情で挨拶した中島。オファーを受けた印象を「ディズニーは小さい頃から好きだったので光栄。ぜひ挑戦させて頂きたいと言いました」と笑顔で語った。

表情筋トレーニングをする中島健人

 収録は「かなり緊張した」という中島。初挑戦のなかに新たな発見もあったようで、「自分って人の話を聞くのが凄く好きだなって。意外とおしゃべりかも、新発見でした」。さらに「グループのなかでは爽やかに風を浴びているキャラ。風を吹かせて、それが追い風となって、逆に皆様に良い風が送られるようになったら」と爽やかな表情で意気込んだ。

 ディズニー愛を示すためか、「普段は着ない」という水玉模様をあしらった紺のシャツに袖を通した中島。尊敬するMCとして「素敵なMC、スペシャリストのMCが揃っているけど」と前置きしたうえで「特に尊敬しているの嵐の二宮君。大好きな先輩です」と嵐の二宮和也の名前を挙げた。

 その二宮とは去年、話す機会があり、二宮からは「バラエティ、ドラマ、映画それぞれで役作りした方が良い」とのアドバイスを受けたという。

 そのうえで「バラエティも映画に繋がる役作り、雰囲気作りは大切。MCですからキャストの表情をくみ取ってトーク展開ができたら。そういうことを二宮君の話を聞いてそう思った。勉強の日々が続きますけど、ディズニーの世界を伝えられるように」と改め意気込みを語った。

表情筋トレーニングをする中島健人

 またこの日は、MC力を上げるためにディズニーオリジナル早口言葉にも挑戦。「スティッチが上手に屏風にステッチをスケッチした」や、メリー・ポピンズの「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」に挑戦。難易度の高い早く言葉だが、そつなくこなし、記者からも歓声があがった。

記事タグ