宮本浩次(エレファントカシマシ)が初の詞曲提供&プロデュースをおこなうことがわかった。歌うのは俳優の高橋一生。テレビ朝日系列土曜ナイトドラマ「東京独身男子」主題歌として書き下ろした。

 高橋一生と宮本浩次の繋がりは、エレファントカシマシの昔からの大ファンであった高橋一生が念願の初対面をした2017年にテレビ番組で共演したのがきっかけ。そして、その後、デビュー30周年を記念して制作されたエレファントカシマシのトリビュートアルバム「エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜」にて東京スカパラダイスオーケストラ × 高橋一生として、「俺たちの明日」をカヴァーし、それを宮本が聴いて高橋一生の歌声を絶賛するなど音楽を通して親交を深めてきた。

 このほど、高橋一生自身が主演するドラマ主題歌を初めて歌手として担当する事になり、それに伴い初めてのオリジナル楽曲を依頼するのは、敬愛する宮本浩次しかいないと楽曲提供をオファーした。

宮本浩次

 デビュー以来30年間、自身のバンド以外での楽曲提供及びプロデュースを一度も行っていなかった宮本も、高橋一生であれば喜んでと、初の楽曲提供とプロデュースを即断。

 その後、二人での楽曲打ち合わせや制作を重ねて、主題歌「きみに会いたい-Dance with you-」が完成した。この楽曲は、宮本浩次がドラマ「東京独身男子」において高橋一生が演ずるところのメガバンク勤務の石橋太郎をイメージして書き下ろした楽曲となっており、宮本が信頼する超豪華ミュージシャンが集結。

 ドラムに屋敷豪太、ベースに根岸孝旨、ギターに名越由貴夫など超一流ミュージシャンが宮本の呼びかけに呼応し参加した。

 この楽曲は、4月13日よりスタートするテレビ朝日系土曜ナイトドラマ「東京独身男子」の主題歌としてオンエアされる。

 土曜ナイトドラマ「東京独身男子」は、人並み以上の容姿を持ち、仕事も私生活も充実している3人の“あえて結婚しない”独身男性 = AK男子 がテーマとなっており、独身ライフを謳歌していた3人が、あるときを境に結婚を意識するようになっていく3人のアラフォー男性を描いたラブコメディドラマ。

 主演を高橋一生が務め、斎藤工、滝藤賢一が共演する。

 主題歌「きみに会いたい- Dance with you-」は宮本浩次が楽曲提供、そして全面プロデュース。

 この曲について高橋は「未だに夢のようです。それも浩次さん初のプロデュースに。畏れ多いのですが、同時に光栄でもあって。夢中で歌っていたいと思います」とコメントしている。

高橋一生/一問一答

――歌手デビューすると聞いて、率直な心境を教えて下さい。さらに宮本浩次さんのプロデュースを受ける事に、どういう思いですか。

 未だに夢のようです。それも浩次さん初のプロデュースに。畏れ多いのですが、同時に光栄でもあって。夢中で歌っていたと思います。

――楽器などを含めて、音楽のキャリアがあれば、教えてください。

 ギターと、ブルースハーブをかじった程度です。

――宮本さんとのレコーディング時間はいかがでしたか。その時に印象に残っているエピソードなどがあれば、教えてください。

 デモが出来上がったと、ラジカセにデモCDを入れる浩次さんが焼き付いています。今回の台本を読んでくださって、敬愛する浩次さんが全力で投げて下さった球です。芯に当たるかどうかではなく全力で振り抜くことだけ意識していたと思います。レコーディング時、都度都度浩次さんが飛んでブースに来てくださって、お陰で勇気づけられていました。

――今回は歌手活動ですが、音楽の仕事の魅力について教えてください。

 一つの曲が出来上がっていく過程を体験させていただくと、はじめは勝手にアーティストの方の独特な作業が殆どを占めるのかと思っていました。実際は多くの方達が関わって皆さんがそれぞれの分野で力を尽くして共に作品を作っていることを感じました。
そこは僕がいつもお仕事をさせて頂いている現場の情熱と変わらないと思いました。

――またチャンスがあれば、歌手活動をやりたいですか。

 先は考えていません。

宮本浩次(エレファントカシマシ)/一問一答

――楽曲のテーマ、曲に込めた思いを教えてください。

 このドラマでは独身男性が主人公なので逆に色っぽい歌にしたかったのです。高橋さんにこのテイストで歌ってほしかった。

――プロデューサーとして、こだわった部分を教えてください。

 高橋一生さんのそのままの魅力が歌の中で、より際立つようにそれを第一に考えました。自分では言いにくい例えば「きみに会いたい」というフレーズも、一生さんを通して思いきって言えることがとてもうれしく、自分にとってもわくわくする仕事でした。

――高橋一生さんをプロデュースすることになり、どう感じましたか。また、高橋さんの歌声について、どのような印象を受けましたか。

 竹を割ったような性格の大変男らしい方だと私は感じました。歌声もまっすぐでしかも相当に歌のうまい方です。デリケートな歌い回しなど表現力もさすがでした。

――レコーディング時でのエピソードが何かあれば、教えてください。

 舞台などもやられているからなのでしょうが、確かな発声と地声の大きさで最初マイクの音が割れ、並々ならぬ気迫を感じました。

――プロデューサーの仕事についての、魅力を教えてください。

 一生さんの魅力が声に乗ってみんなに届くとことを第一に考えました。一生さんも全力の人なので非常に波長が合ったのではと勝手に思っています。ご本人にも伝えましたが、私が初めて人に提供することになった「きみに会いたい」が一生さんの歌によって非常に素晴らしくかっこいい曲になりました。一生さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)