乃木坂46の斉藤優里が25日、自身が月曜パーソナリティを務めるnack5『Nutty Radio Show THE魂』で、グループから卒業することを生報告。22日には伊藤かりんが卒業することを発表したばかりであり、相次ぐメンバーの決断にファンからは悲痛な声が挙がっている。

 番組終盤、斉藤は「わたし、斉藤優里は、乃木坂46を卒業します。25歳という節目となる年齢で、自分の人生を考えたりする機会が多くなり、そして、グループの将来を思った時に、私が後輩に見せられるものは全て出し切ったかなと感じ、決断いたしました」と伝えた。

 最終活動日は未定としつつも、4月17日にリリースされるアルバム「今が思い出になるまで」の握手会はすべて参加するという。

 続けて「乃木坂46の加入当初、全然お仕事がなかった時代に、この番組でレギュラーをやらせていただきました。そして、この番組で卒業発表させていただくことになりました。本当にありがとうございます」と同番組への感謝を述べた。

 リスナーや関係者に感謝しながら声を震わせた斉藤。ただ、あくまで卒業を発表しただけで同番組には出演するため、「まだまだ来ますから! ぜひよろしくお願いします」と大きな声で元気よく伝えた。

 斉藤はまた、ブログの中でも改めて卒業することを報告。「アイドルというお仕事は辛いこと、 悔しいこともありましたし 楽しいこと感動したこと色んな涙を流しました」と活動期間を振り返り、「こんなに心を動かされるグループに加入出来て本当に幸せ者です」などとし乃木坂46やファンへの感謝を綴っている。

 この斉藤の卒業発表はネット上でも大きな反響を呼んでいるが、それは「卒業ラッシュ」に絡めながら話題を広げている状況だ。

 昨年末の「NHK紅白歌合戦」でグループから卒業した西野七瀬は、今年2月24日に京セラドーム大阪で開催されたの卒業コンサートをもって、グループでの活動をすべて終了した。

 さらに、3月10日には衛藤美彩が東京・両国国技館で卒業ソロコンサートを開催し、グループから卒業。同22日には伊藤かりんもアルバム「今が思い出になるまで」の握手会で卒業することを発表している。

 昨年後半には若月佑美や川後陽菜らが卒業するなど、相次ぐ乃木坂46メンバーの卒業発表。ファンには衝撃的なものになっており、斉藤の卒業発表に合わせて「卒業ラッシュ」のワードがトレンドに急浮上した。

 ツイッター上には「七瀬様卒業してすぐなのにまた卒業ラッシュとか死にそ…」「心臓ギュってなってる」「止まん無さすぎて悲しくなってくる…」「辛すぎる… 卒業してほしくないなぁ…」「ゆったんまでまじかよ、、、」などとファンの悲痛なコメントが殺到している。

 さらに、「卒業ラッシュ止めてほしい」「誰か卒業ラッシュを止めて!」「誰か止めてこの卒業ラッシュほんまにお願い」などと切実な願望も相次いで寄せられている。

記事タグ