ナチュラル、MVの裏側

――MVの撮影はどんな感じだったのでしょうか。

 この歌詞で自分がやりたかった世界観が出せたので、歌詞に合わせてMVも連動しているものにしたくて。街中で「あなたのことを考えている」シーンとか、映画を誘ってくれている彼のシーンとか、色々頭のなかで描いていたんです。それで初めて監督さんにお会いしたときに私の想いを色々伝えました。監督は「やりたいことは凄くわかるよ。でもありきたりなMVになっちゃうから今回はそうではない新しいMVを作りたい」と言ってくださって。「好きということという想いは伝わるMVにするけど、ちゃんと女優としてお芝居をする映画っぽいMVにしよう」と言ってくださったんです。自分が描いていたものとはちょっと違ったけど、監督さんも凄く思い入れを持ってくださって、自ら台本をあげてくださって。

 付き合って2年のカップルの一日のなかで、ありきたりの毎日だけど幸せがあるということを表現して、そこに新たな胸キュンがある、みたいな。私のありきたりの胸キュンだとちょっと寒いなってなっちゃうから(笑)。そういうのもあったけど、確かに私では思いつかない日常での胸キュンを監督さんが描いてくださったんです。台本も、目覚めのキスで起こす、とかも書いてあったり。私だったら最後の最後までキスシーンはとっておきたいというのがあって(笑)。私だったら多分そういう構成になっていたかもしれないけど「最初からキスするんだ!」みたいなこともあったりして。

 色々監督と話して、私はこういう想いがあるということも伝えたし、汲み取ってくれるところもあって出来上がったんです。今となったら凄く良かったなと思います。歌詞と連動していなくても好きということが通じるMVになって、そこが新しくなっていいなと思います。

――歌詞を読まないで歌だけ聴いた印象と、歌詞を読んでからMVを観るときの印象が違って。「実はこういうことを歌っていたんだ」という。

 MVだけ観るイメージと歌詞とはまた違うという感じですね。歌詞だけを読むと片想いのピュアな恋愛だけど、このMVは付き合って2年くらい経っているカップルの話だけど、それでも不思議と自然に聴けるというか。そのなかでのストーリーがちゃんと観られるというのが違和感だけど素敵だなと。歌詞を読んでMVを観ると「その1年後の彼との生活なんだな」って。そういう見方もあるんだなと私達は逆に新鮮です。そうやって繋げて観てくださってるんだなと思いました。

――カップリングの「君。」とも繋がっているんですよね。別れ話を…。

 これは繋がってないんです(笑)。別れてないんですよ。このカップルの続きがこれだと凄く切ないですねってほかでも言われて。全く別なんです。

――これは別れてないんですか?

 この「君。」に関しては、日中合作映画『徐福~永遠の命を探して~』主題歌になっていて、その映画の2人を書いているんですけど、細かいことは言えませんが、、映画の内容をリンクさせつつも普通の人でも共感できるようになっています。映画タイトルが作品の肝で、その世界観を表現しています。

――結果的に連動していますよね?

 「すき。ということ」の2人が別れちゃったんだと思うと切ないから。ここは別の話で考えてもらって(笑)。

――連続して聴くことが大半だから、どうしても繋げてしまって。

 そうなんですね! 別々なんですよ。一回気持ちを切り替えて、新しい恋と思って聴いてほしいです。

板野友美

板野友美

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。