指原莉乃

 HKT48指原莉乃が24日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演。NGT48山口真帆の暴行事件について運営会社が会見をおこなったことに触れ、「これで解決したって会社が思ってはいけない」などと悩まし気に語った。

 22日にAKSは会見を開き、第三者委員会による調査結果を報告。ところが、その内容に山口本人がツイッターで「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」などと反論、騒動に発展している。

 この日、コメンテーターとして出演した指原は「私も会見を見ていて、結局納得いかなくって」とし、同じくコメンテーターの中居正広は「周りのメンバーも納得いってないの?」と尋ねた。

 指原はNGTメンバーとは直接かかわりがないため不明としながらも、「私の周りでは『なんでこうなってるんだろうね』って」と答えると、中居も「腑に落ちてないんだ」と受け止めた。

 さらに指原は「見ていて、第三者委員会の存在っていうのが私もよくわからなくて、うちの会社、AKSが第三者委員会に依頼したわけじゃないですか。となると、AKS寄りの意見に…」とし、「間に誰を立てたらうまくいくのか」との疑問を口にした。

 指原は「これで解決したって会社が思ってはいけないので、終わらせてはいけない。本人が納得するまで」とし、AKSの関係者に対して先日、「このまま終わるんですか?」「どうなるんですか?」と尋ねたことも明かした。

 そして、「第三者委員会が今動いているので待ってほしい」とAKS側から伝えられていたものの、「これだったので」と会見に納得していないことを口にし、「もうちょっと何かしないと」と悩まし気に語っていた。

 指原は23日にツイッターで、『ワイドナショー』に出演することを伝えたうえで、「メンバーの中にも何を呟いたらいいかわからない後輩がたくさんいると思います。それが一番悔しいです。モヤモヤせずにみんなが、まほほんが、アイドルしてほしいです」とつぶやいていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)