全国のアイドルが国民的アニメソングをカバーし、日本一のアイドルを決めるコンテスト『愛踊祭(あいどるまつり)2019』のプレイベント『Road To 愛踊祭2019』が3月22日、渋谷ストリームホールで開催。『愛踊祭2019』アンバサダーに、ももいろクローバーZの佐々木彩夏が就任することが決定した。佐々木は「たくさんのアイドルの皆さんと会えるのを楽しみにしています!」と語っている。

 今年で5回目の開催となる「愛踊祭2019」を盛り上げるべく行われたこのイベントでは、これまで「愛踊祭」にエントリーしたアイドルからの“会いたい”という声が多かった、“アイドルが憧れるアイドル”が登場。アップアップガールズ(仮)、わーすたが、熱いパフォーマンスで会場を盛り上げた。さらに、愛踊祭からメジャーデビューやWEB CMソング決定の夢を掴んだ、Chuning Candy、テーマパークガール、BANZAI JAPANが登場。「愛踊祭2019」のキックオフイベントに相応しい多彩なラインナップでのステージに、オーディエンスからの熱量たっぷりのコールが響いた。

 さらに「愛踊祭2019」のアンバサダー第一弾として発表されたi☆Risから、山北早紀、茜屋日海夏がMCとして出演。今回のイベントには「愛踊祭2019」にエントリーしたアイドルを無料招待、そのアイドルたちが登壇してのトークコーナーや、出演者へのインタビューを、さわやか五郎と共に務めた。

i☆Ris

 そのトークコーナーの中で、「愛踊祭2019」アンバサダーの第二弾発表が行われた。この日発表されたアンバサダーは、ももいろクローバーZのあーりんこと佐々木彩夏。会場に佐々木からのコメント映像が流れると、オーディエンスとエントリーしたアイドルたちから、驚きと喜びの声が上がった。

 「愛踊祭2017」に続いて2回目のアンバサダー就任となる佐々木。今後、アンバサダーがモデルパフォーマンスを行う課題曲の発表もあるので、今年はどんな国民的アニメソングが課題曲となるのか、期待が高まる。

 さらに、「愛踊祭2019」公式サポーターとして、アンジュルム、Juice=Juice、そしてこのプレイベントに出演したアップアップガールズ(仮)、わーすた、Chuning Candyが、エリア代表決定戦にMCで参加することも決定。今後追加発表となる公式サポーターも加え、愛踊祭史上最多組数の公式サポーターが、各エリアでの予選会を盛り上げる。

 また、「愛踊祭2019」決勝大会での特別賞として、COMICリュウwebにて連載中の人気漫画「推しが武道館いってくれたら死ぬ」(リュウコミックス)に、キャラクターとして登場できる権を授与することが決定。

 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は、岡山のローカルアイドルグループ「ChamJam」と、推しメンバーの応援に人生のすべてを捧げる熱狂的な女性ファン・えりぴよを中心に、アイドルとファンたちの関係を描いた作品。

 平尾アウリの描くかわいいアイドルとそのアイドルを支えるファンの姿は、多くの現役アイドルやアイドルファンからも強い共感の声が寄せられ、アニメ化も決定している人気作品だ。

推しが武道館いってくれたら死ぬ

推しが武道館いってくれたら死ぬ

佐々木彩夏コメント

 この度、私佐々木彩夏が愛踊祭2019のアンバサダーに就任させていただきました!

 私は愛踊祭2017でもアンバサダーを務め、たくさんのアイドルの皆さんと交流できたことや、参加したアイドルの皆さんの真剣な、そしてキラキラしたパフォーマンスがすごく印象に残っています。

 愛踊祭2017に参加されていたアイドルの皆さんが今メジャーデビューをしたり、活躍しているのを見ると、私もとってもとっても嬉しいなと思いながら拝見しています。

 今年もたくさんのアイドルの皆さんと会えるのを楽しみにしています! 私がパフォーマンスする課題曲も楽しみにしていてください!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)