KEYTALKが19日、デビュー当初からの思い出の場所、東京・下北沢で、プレミアムアコースティックライブ『下北沢ガーデンでKEYTALKが弾き語ットーク』を開催。

 ライブ中、ボーカル/ギターの寺中友将が、ユニバーサルミュージック/Virgin Music移籍第1弾シングル『BUBBLE-GUM MAGIC』を5月15日にリリースすることを発表した。

 表題曲の「BUBBLE-GUM MAGIC」は、これまで数々のフェスで満員の会場を高速の4つ打ちで踊らせてきた彼らが、新たなビート、グルーヴ感を武器に更に大きな会場を揺らす決意を感じさせる、再スタートを飾るに相応しい1曲。

 2曲目の「海」は、一転してピアノとアコースティックギターを中心に巨匠の切ない歌声が響く名バラードとなっている。

 初回生産限定盤には新曲2曲に加え、この日のアコースティックライブ音源が収録。また付属の特典DVDには、この日のライブ映像に加え当日のオフショット映像も収録。

 更に「初回生産限定盤」と「通常盤」の共通初回封入特典として、7月から開催される東名阪ワンマンツアーの最速先行シリアルナンバーが封入される。

記事タグ