ギタリストの春畑道哉(TUBE)が、フジテレビ系サッカー中継テーマ曲を担当することが決定した。テーマ曲になったのは新曲の『FANTASIA ~LIFE WITH FOOTBALL~』だ。

 1998年から現在に至るまで20年に渡りフジテレビ系野球中継テーマ曲として『JAGUAR』が起用され、テーマ曲を務めている春畑がサッカーもギターで日本を盛り上げる。

 春畑といえば、1993年のJリーグ開幕からJリーグオフィシャルテーマソングを担当しており、昨年Jリーグ25周年の節目にテーマ曲をリアレンジ&再レコーディングした
『J'S THEME(Jのテーマ)25th ver.』を発表し、年末、横浜アリーナでおこなわれた「2018Jリーグアウォーズ」に出演。

 会場で春畑の生演奏を観た番組プロデューサーが感動し、今回のオファーに至った。

 書き下ろしの新曲『FANTASIA ~LIFE WITH FOOTBALL~』は、3月26日に開催される、森保監督率いる日本代表が南米のボリビア代表を相手に戦う国際親善試合「キリンチャレンジカップ2019」の中継関連番組を皮切りに、今後フジテレビで放送されるサッカー中継番組、関連特集番組、ニュース番組等で広く使用されていく予定。

 番組プロデューサーの植村敦氏は「歌うように、踊るように奏でる春畑さんのメロディーラインと、まさに“魂の叫び”のような彼のギターサウンドに心から魅了され、この度オファーさせていただきました。サッカーの持つ高揚感、躍動感、歓喜の瞬間のイメージにぴったりマッチしたこの壮大な曲が、誇り高き選手たちと、聴いていただいた全てのサポーターのみなさんに勇気を与える、そんな『人生の賛歌』になることを願っております」と語っている。

 春畑のギターによる美しいメロディーが印象的で躍動感あふれる新曲『FANTASIA ~LIFE WITH FOOTBALL~』がサッカー界をおおいに盛り上げる。

 3月26日の放送に先駆けて、3月20日~街頭ビジョンにて楽曲を使用した「キリンチャレンジカップ2019 日本vsボリビア番宣映像」が放映されることも決定している。

 尚、新曲『FANTASIA ~LIFE WITH FOOTBALL~』のリリースは未定。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)