EXILE NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)が15日、東京・渋谷で、自身がクリエティブ・ディレクターを務めるファッションブランド「STUDIO SEVEN」とファッションブランド・GUのコラボコレクション「GU×STUDIO SEVEN」の商品発表会を開いた。

 「STUDIO SEVEN」とGUのブランドメッセージである「YOUR REEDOM」が共鳴し「CHILD HOOD DREAMS」というコンセプトのもと今回のコラボが実現した。

 「CHILD HOOD DREAMS」は、NAOTOがファッションに興味を持つきっかけとなった90年代の裏原カルチャーにインスパイアされたコレクション。これからの時代を作る若い世代に夢を与えたいというメッセージが込められている。

NAOTO

NAOTO

 今回、商品化されたのは軽アウターやボトムスなど全29アイテム。NAOTOが「これでも断念したものがあるぐらいいろいろとアイデアはあった」と語る厳選アイテムだ。

 自身のブランドを立ち上げるきっかけは「子供の頃に憧れていたものをコレクションで表現したいと思ったこと」だといい、「高校生の頃は原宿のストリートカルチャーは盛り上がっていて、NIGOさんと一緒にその世界観を表現したかった」。

 そういう思いが込められた「STUDIO SEVEN」はストリート色が強いが、様々な世代が愛用するGUとのコラボによって「ファッションに興味がある人もない人も知って頂くきっかけになると思う」と期待。「男女問わず、年配から子どもまで楽しんでほしい」と語った。

 今回のアイテムを製作するにあたり、自身もアイデアを出した。思い入れも強く、アイテムが店頭に並んだ様子を見て「驚いてます。嬉しさと驚きが入り混じっています」と笑顔。更に「コレクションとしては90年代、2000年代前後の原宿のストリートカルチャーに自分のスタイルと混ぜて落とし込んだ。自分たちと同じ世代はあの時代に似ているなと思ってもらえるし、逆に若い世代には新鮮に思えると思う」と自信をのぞかせた。

 既にメンバーにもプレゼントしたといい「思った以上にメンバーがに喜んでくれて。メンバーも着てくれて嬉しいですよね、メンバーに着てもらえるのは」と笑み。

NAOTO

NAOTO

 “おしゃれ番長”の異名も取るNAOTO。子供の頃からファッションに興味を持ち、本格的に目覚めたのは高校生の頃だったという。

「小学校の頃から洋服が好きで、親からもよく言われていて、この服じゃないといやだとか、親が持ってきたマジックテープの靴も紐がいいと言ったり。小学校低学年から好きだった。高校になってファッションに興味を持ったけど、当時は高くて買えなくて、もう少し安ければいいなと思っていた。そういう同じ気持ちの学生にも楽しんでもらえたら」

 そんな思いが伝わってか、店の前には開店前から長蛇の列。「最前列は昨日の終電からという人もいるそうです。そういう話を聞くと嬉しいですね」とし、改めて「一つ夢が叶いました。たくさんの人たちにファッションに興味を持って楽しんでほしい」と語った。

記事タグ