佐々木希がネット上で話題になっている。テレビ番組に出演したショートヘア姿や、10年前の“ギャル風”の姿が「可愛い」と反響を起こしているようだ。

 10日放送の日本テレビ系『おしゃれイズム』に出演した佐々木。司会の上田晋也から髪の毛が短くカットされていることを指摘され、「切りました、はい。生活がしやすくなるかなと思って」と説明。スタジオからそのキュートさに嬌声が上がった。

 佐々木は昨年、ロングヘアをバッサリと切ったことを自身のインスタグラムで報告している。5月31日の投稿で「切りました。ここまで短いのはデビューしてから初かもしれぬ」とコメントし、ボブヘアに一新された姿を見せていた。

 さらに、今年1月にはウルフカットにパーマをかけたヘアスタイルを披露し、また新しい印象を与えるヘアスタイルとしてネット上で話題をさらったばかりだ。

 また、9日に都内でおこなわれたライフスタイルブック『希んちの暮らし』(講談社)刊行記念トークショーにも出演。産後初のイベントとなったが、自身のショートカットについて「短いのもいいですね。シャンプーが楽で、暮らしやすいです」と語っていた。

 今回の放送の冒頭、上田が指摘した驚きはネット上でも同様の感想をもって受け止められたようで、「可愛い過ぎませんか」「語彙力失うかわいいショートカット」「ショートカットは正義だなって確信した」「美人…! 天使…!いや、女神様っ!!」などと、その可愛さに驚きとため息が相次いでいる。

 ところが、ネット上の話題はこれだけでは収まらなかった。同番組にはおよそ10年ぶりの出演だったことが紹介され、その当時の映像が流された。

 それは2009年10月11日放送回で、佐々木はミニスカート姿。茶髪を後ろで束ねたポニーテール仕様になっており、足元は膝までの長さのブーツスタイル。この懐かしの映像に上田は「こんなギャルだったけ?」と驚きの声を挙げた。

 上田は「あんなギャルだったイメージないね」とすると、佐々木は「時代ですね。あの時代、みんなメイク濃いのが流行ってたので」と当時の自身を振り返っていた。

 このギャルな佐々木の姿にもネットは大きな反響を見せ、「10年前の佐々木希バチクソに可愛いな」「ギャル感の強い佐々木希は最強だな」「今の佐々木希もはちゃめちゃに美しいが10年前のギャル時代もめちゃめちゃ可愛いじゃん…」「ギャル時代の可愛さ 半端ないって」などと称賛の声が寄せられた。

10年前のギャル時代

 現在のショートと10年前のギャル姿。いずれもネット上を沸騰させており、「ほんものの美人はどっちも似合う」「どっちも完璧に可愛い」との声が大多数の感想のようだ。

記事タグ