欅坂46の長濱ねる(20)が、グループからの卒業を発表した。公式ブログで発表したもので、「メンバーのみんなに出会えたことは本当に幸せな宝物です」などとメッセージを寄せた。

 7日にグループの公式サイトのブログを更新した長濱。「お知らせ」と題したエントリーで、「こんばんは! 今日は、皆様へ大切なご報告があります」と切り出した。

 続けて「2015年11月に加入させて頂いてからもうすぐ3年半が経ちます。大好きな人たちと沢山の新しい出会いの中で日々楽しく活動させて頂いてきました」と活動期間を振り返り、「醒めない夢を見続けているのかなー、と毎日のように思います」と寄せた。

 そして、「突然のお知らせになってしまうのですが、8枚目のシングルをもちまして 私は欅坂46を卒業します」とし、グループから卒業することを発表した。

 長濱は「高校2年生で上京し ひらがなけやきとして加入させて頂き、数え切れないほどの煌めく経験をさせて頂きましたとし、「メンバーのみんなに出会えたことは本当に幸せな宝物です」と記す。

 さらに、「これからもずっと繋がっていたい 優しくて愛しいみんなです。いつもありがとう」とメンバーへの感謝を寄せた。

 続けて「この広い世界で 欅坂46けやき坂46を見つけてくださった皆様、温かく想ってくださっている皆様、どんな時も寄り添ってくれる楽しくて大好きな欅坂46チームの皆様、沢山の影響を受けさせて頂いた一緒にお仕事をしてくださった全ての皆様、書ききれないのですが、皆様のおかげでしかないです。本当に本当に...!!」とファンや関係者への感謝を綴る。

 そして、「何もない私に色付けしてくださった 関わってくださった全ての皆様に感謝申し上げます。心の底からありがとうございました。本当にどれだけ重ねても足りないくらいにありがとうございました」と重ねて感謝の気持ちをしたためた。

 長濱の思いは続く。「アイドルとして誰かの心に存在できていたのならこの上なく幸せです。皆さんと一緒に過ごした時間がとても誇りです。この先もずっと大切に守っていきますね」とグループ活動で得た経験がかけがえのないことだったことを書く。

 さらに、「そして私の全てのきっかけである伊藤万理華さん、深く深くありがとうございます。1番近くで 変わらず味方で居続けてくれた家族にも感謝を伝えたいです。いつもありがとう」とし、乃木坂46の元メンバー伊藤万理華や家族への感謝を寄せた。

 今週末に実施される握手会が最後となることを綴る長濱。詳細については今後、発表していくことを寄せたうえで、「卒業後については約束なく 気持ちを緩めて考えられたらなと思っています。心を込めて生きていきますね」と決心を綴る。

 そして、「出逢ってくれてありがとう。これからも欅坂46、日向坂46、よろしくお願い致します!! 読んでくれてありがとうございます」と最後まで感謝のメッセージで締めくくっている。

記事タグ