ファンの人たちにツンッと刺激を与えてゆく

東京女子流

――この取材は「光るよ」を披露する前です。客席でどんなリアクションが生まれていくのか、ちょっと楽しみにしています。

新井ひとみ 以前の東京女子流の場合、ファンの人たちの間にも「東京女子流はこうだから」という固定概念がありましたし、わたし達も、そこを意識してきた面も正直ありました。でも、今の東京女子流は思ったことをまずはやってみよう、面白いと感じたことは積極的に取り入れようという姿勢でいます。もちろん、根底は変わらずにあります。むしろ、何をやっても東京女子流としての本質がぶれることはない。だから、そういう挑戦も積極的に楽しんでいけるんだと思います。

――その芯となる部分というのは?

庄司芽生 東京女子流の根本にあるのは、歌とダンスの高いクオリティ。ダンス&ボーカルグループとしての軸をけっして揺るがすことも、崩すこともなく。そのうえで「東京女子流はこんなこともやっちゃうよ」と、ファンの人たちにツンッと刺激を与えていく。そのツンッとした刺激が、みんなを東京女子流の虜にさせてゆく要素になっているんだとわたし達は思っています。

――グサッではなく、ツンッとした軽さがいいんでしょうね。

中江友梨 その程よさがね。

山邊未夢 わたしなんか、せまられ過ぎると引いちゃいますからね。

――「光るよ」は、聴いた人たちをキラキラとした輝きの中へ連れていく歌になりました。

新井ひとみ ずっと応援し続けてくれている人たちは、「光るよ」や「Reborn」を聴いたときビックリする方もいると思うんです。でも、東京女子流の大事な本質は何も変わっていないから、そこをしっかり捉えたうえで、これからも応援し続けてもらえたら嬉しいなと思います。

――軸を持ったうえで、嬉しく裏切る。そこが、今の東京女子流の魅力なんでしょうね。

新井ひとみ 今回のシングルは、本当に良い意味で「東京女子流ってこうでしょ」という概念をぶち壊してくれた作品になりました。実際にわたし達自身も、東京女子流らしさを良い意味でぶち壊しながら表現していますからね。
庄司芽生 ひとみから「ぶち壊す」という言葉が飛びだしてくる時点で、これまでの印象を良い意味でぶち壊しているからね(笑)。

新井ひとみ 先にもお話が出ていたように、リリイベで「Reborn」や「光るよ」を歌うと、初めて東京女子流に触れる人たちが歌に惹かれて集まってくれるんですね。それくらい人を惹きつける歌たちだからこそ、この歌をもっとたくさんの人たちに届けて、さらに東京女子流に興味を持つ人たちを増やしたいです。それくらいこの2曲は、人を惹きつける魅力を持った曲たちです。

中江友梨 しかも「Reborn」も「光るよ」も、楽曲の合間合間から東京女子流の素顔も見えてきます。聴いていて飽きない歌。本当に目を離したくない歌たちが生まれました。

庄司芽生 見ちゃいけない東京女子流を観に来てください(笑)。

中江友梨 でも、ライブではそれが見れちゃうけどね。みなさん、ぜひ「東京女子流が脱いだ」といっぱい騒いでください。

山邊未夢 twitterでも、「東京女子流が脱いだ」ってつぶやいて欲しい。

庄司芽生 9年目にして東京女子流が脱いだ。脱いだ東京女子流は狼だったって。

中江友梨 野獣でしたってね(笑)。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。