HYDEが7日、都内でおこなわれた、ゲーム『デビル メイ クライ 5』の発売を記念した前夜イベント『SSS Devil Night』に登場。本作のイメージソング「MAD QUALIA」(3月20日発売)への想いを語った。

 日本語声優の森川智之、石川界人を交えてのトークセッションに登場。同作の大ファンというHYDEは「やっぱりね、ここで流れるにはかっこいい方が良いなと思って作りました。上がる感じ。この曲に限らず、『デビル メイ クライ』をイメージして曲を作ることは良くあります」といい、「思い入れが強くて、僕は監督じゃないけど、音楽に関しては監督のつもり、レベルアップして書いているから気に入ってもらえると思う」とし、ゲームと音楽の相乗効果が生まれることを念頭に置いた力作であることを明かした。

HYDE

 この日はトレーラー映像も公開された。HYDEの歌唱とゲームの世界が見事に融合した映像。森川は「HYDEさんとゲームの世界観のシンクロ率が凄すぎて。HYDEさんが登場人物に見える」と絶賛すれば、石川も「かっこいいですよね。見入っちゃいます。この曲を聴くたびにトレーラーを思い出すと思う」と称えた。

 また、同作のプロデューサー岡部眞輝氏も「デモの段階で映像とマッチングすると思っていた。一発目からこのクオリティ。HYDEさんは4人目のキャラクター。映像とCGがどこで切り替わっているかわからない」と絶賛した。

 すでに体験版でプレイしたというHYDE。「気持ち良いんですよね。このゲームね。気持ちよくやっつけられるし、ダンテとかメロになった気分になる。それがヒーローになった気持ちというか、それが面白いところだと思う。ぜひやりましょう」と呼びかけた。

記事タグ