Da-iCEのボーカリスト、大野雄大が4月3日に発売する初のソロアルバム『この道の先に』のジャケット写真と収録内容が発表され、収録曲「Changin’ feat. 川畑 要」にCHEMISTRYの川畑 要が参加していることがわかった。

 初のソロ作品に向けた制作を機に、大野はかねてより親交のあった川畑に思い切ってフィーチャリングをオファー。川畑が快諾をする形で今回のコラボが実現した。

 かつてテレビで見ていた川畑に自分の楽曲を歌ってもらうことに大野は感無量、レコーディングでは終始川畑の巧みなボーカルワークに感銘を受けっぱなしだったと言う。

 今回のアルバム参加に際し、川畑は「ソロ活動スタートおめでとう!! 記念すべきタイミングで声をかけてもらい一緒に歌わせてもらえる事に感謝します。体育会系でいつも礼儀正しい雄大の人間性も大好きなので、早くライブで一緒に歌える日を楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 そのほか、本人自らが作詞・作曲を手掛けた表題曲「この道の先に」をはじめ、「いつかまた会えるなら」「MY DEAREST」など本人が制作に参加した楽曲や、松田聖子「あなたに逢いたくて~Missing You~」、Eagles「Desperado」と言った大野の思い入れのある楽曲のカバーを含む全7曲を収録。

 “人情派シンガー”とも称される彼の温かみある人間性から色濃く感じられるハートウォーミングなトラックが満載だ。

 DVDには、表題曲「この道の先に」のミュージックビデオとメイキングを収録し、グループの時とはまた違った「大野雄大」個人として、今の彼をコンパイルした1枚に仕上がっている。

 なお、今回のソロアルバムはHMV・Loppi限定盤として全国のローソンHMV及びLoppiにて発売となる。

◎川畑 要(CHEMISTRY)コメント

ソロ活動スタートおめでとう!!
記念すべきタイミングで声をかけてもらい一緒に歌わせてもらえる事に感謝します。
体育会系でいつも礼儀正しい雄大の人間性も大好きなので
早くライブで一緒に歌える日を楽しみにしています。

川畑 要(CHEMISTRY)

大野雄大 (from Da-iCE)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)