ET-KINGと求人検索エンジン「Indeed」がコラボレーション楽曲「みんなで、はたらこう!」を制作。その特別ドキュメンタリープロモーションビデオが公開された。

 本作品は、下積み時代から現在に至るまで“好きな仕事”で活躍し続けている、人気お笑い芸人の千鳥の大悟とガンバレルーヤのよしこがそれぞれ出演。2人の下積み時代の仕事経験が、今の仕事の原点になっていることをストーリー化した作品。

Indeed Japan「みんなではたらこう!」ドキュメンタリープロモショビデオ

Indeed Japan「みんなではたらこう!」ドキュメンタリープロモショビデオ

 2人は、かつて働いた職場(大悟:たこ焼き屋、よしこ:スナック)に1日限定で仕事復帰。その様子をET-KINGのアツい歌詞に乗せ、働くことの楽しさや、働く中で夢に出会う事のできる喜び、いろんな人と一緒に働く楽しさを表現した。

 大悟、よしこがそれぞれ下積み時代を回顧しながら、活躍の原点に立ち返り、働く楽しさを表現した作品となっている。

 撮影時のインタビューでは、「全部の経験が自分の引き出しになりますと教えてあげたい」と、よしこ。大悟も「こんなに前しか見てないストレートな歌詞は、バイトしている人の心にストレートに入ってくると思います」と、バイト世代の若者にメッセージを送った。

【千鳥・大悟編】

【ガンバレルーヤ・よしこ編】

ET-KINGコメント

 テレビCM でもすでに誰もが口ずさむフレーズになっていた「バイトさがしはIndeed〜」。これをET-KING のバージョンで歌わせていただくということで、みんなでビッグチャンスだと喜んだことを覚えています(笑) SKA 調の心地良いトラックにどんな言葉を乗せていくかを、みんなでアイデアを出し、それぞれのアルバイト時代の思い出や社会へ飛び出すことへの期待などを詰め込みました。環境。性別。年齢。時代。聴いてくれる方一人一人違うと思います。それでも働くことの大切さや素晴らしさは変わらないと思います。是非仕事前にでも聴いてやってください。「みんなで、はたらこう!」です!! よろしくお願いします。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)