misonoが27日、都内でおこなわれたイベントに登場。久々のイベントに「緊張する」と笑顔を見せた。

 コスプレイヤー・LeChatが日本クラウンに移籍しての第一弾ミニアルバム『Nouvelle lune』がこの日発売されたことを記念して都内でイベントを実施。そのイベント開催前にプレス向け囲み取材に応じた。

 久々のイベント出演に「緊張する」と笑顔を見せたmisono。LeChatとは『JAPAN EXPO MALAYSIA 2018』での共演をきっかけに親交を深めた。LeChatを「面白い子のような気がするとビビビと来た」と語るmisonoだが、LeChatの方は「正直怖い人かと思っていた」という第一印象。それでも笑顔で接してくれたことで印象が変わったという。現在はmisonoは良き相談相手のようだ。

misonoとLeChat

 そんなmisonoはこの日、LeChatが歌う「ラムのラブソング」に、デュエットで参加。LeChatメインのイベントだが、misonoが歌うパートが多く「LeChatのイベントなのに私がでしゃばってると思われたくないですし、リハのギリギリまで抵抗したんですよファンは『LeChatの歌を聴きたいのに…』とそれを思いながら歌っていた」と回顧した。

 またmisonoの夫でドラマーのNosukeは「精巣がんによる胚細胞腫瘍」で闘病中。「2人に1人ががんになると言われていて、Nosukeは10万人に1人で…。決して他人事ではないし明日は我が身なので…」と吐露。

 舌がんの手術を受けた堀ちえみの姿を観て「本当に勇気になりますし、全チャンネル、ブログをチェックさせていただきました。皆さんがおっしゃる早期発見に繋がる思いは自分たちも一緒なので、人間ドックや検査に行ったりとかしてほしいです」と語った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)