『アゲたこノーティーFunk』の主人公のイメージは、ちょい悪な女の子

たこやきレインボー

――みなさん、それぞれお勧めの楽曲を教えていただけますか?

堀くるみ やっぱりわたしは「Rainbow Plane」です。とくに、「何かが始まりそう」というイントロの部分がめっちゃカッコいいんです。しかも、アルバムの幕開けにピッタリな曲やし、今までのたこ虹には少なかったカッコいいスタイルを持った楽曲。最初から最後まで熱い情熱を込めていて、ライブでも1曲目に歌いたいなと思います。

根岸可蓮 わたしは、「私、ただ恋をしている」のように昭和歌謡っぽい曲も好きなんですけど。次に流れる「アゲたこノーティーFunk」は、わたし的にすごくお勧めです。この曲は、日本のHIP HOP界のトッププロデューサーである今井了介さんに書いていただいた曲です。スタッフさんたちから、わたし達に対しての「この曲を自分たちのものにしてみろ」という挑戦状。本格的なラップに挑戦したり、聴いているだけで身体がノリノリな気持ちにもなれるから、この曲を歌いながら、わたしはランウェイを歩いてる気分を味わっていました。『アゲたこノーティーFunk』の主人公のイメージは、ちょい悪な女の子。その歌詞にも注目して欲しいし、みんなもこの曲を聴いてファンキーになって欲しいなと思います。

――みなさんの中にも、小悪魔やチョイ悪女子な面もあります?

堀くるみ もちろん(笑)。うちら、子悪魔女子なんで(笑)。うちら、こういうお洒落で艶っぽい歌い方をしたことがなかったから、歌ってて新鮮でした。

清井咲希 わたしは、アルバムリード曲の「あなたとの約束」です。楽曲をプロデュースしてくださったのが、前アルバムにも参加してくださっていたJeff Miyaharaさん。デビュー前から一緒に番組へ出させていただくなど、とってもお世話になっているドランクドラゴンの塚地武雅さんが作詞をしてくれています。しかも、塚地さんが初めて作詞をしてくれたのがこの曲なんです。歌詞もストレートだからスーッと心に響くし、ポジティブで綺麗な単語を並べるだけではなく、悩みや葛藤を抱えたネガティブな感情も書いてくださっているように、そこはとても感情移入しやすいところでした。この歌に書かれているような想いはみなさん経験があると思うから、聴いた人たちの感情へしっかりと届いてく歌になったなと思います。

――塚地さんのたこ虹へ対する愛情も感じました?

清井咲希 感じました! デビュー前の、まだ何色にも染まれなかった頃のたこやきレインボーを知っている塚地さんだからこそ書ける視点で、ずっと大切にしていきたい歌になりました。「あなたとの約束」を作るときに、「歌詞は“あなた”にしたほうが説得力が出て、より心へ響く」など提案もしたんですけど。そういう自分たちの想いも上手く歌詞に反映されています。

この記事の写真

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。