SUPER☆GiRLS「今日よりも明日」第4章幕開け、個性溢れる11人が語り尽くす
INTERVIEW

SUPER☆GiRLS「今日よりも明日」第4章幕開け、個性溢れる11人が語り尽くす


記者:長澤智典

撮影:

掲載:19年02月26日

読了時間:約21分

活動を重ねるごとに大事な人たちが増え続けている

SUPER☆GiRLS

――続いては、4期メンバーにいこうかな。

坂林佳奈 この曲で一番好きなのが、<そう私たちの未来図はすでにもう輝き出してるよ>という明るいフレーズです。私たちの未来もそうですし、聞いてくれるファンの方にもキラキラとした未来が待っているよとこの歌は伝えています。ダンスパフォーマンスにも花が咲く踊りを取り入れているように、この曲は「一緒に未来へ向かって咲かせていこうぜ」という歌になりました。

石丸千賀 わたしの一番好きな歌詞が、<夢をのせて一緒に笑顔でいよう>の一節です。これから何か新しい一歩を踏み出す方や、新生活や新年度を迎えられる人はもちろん、新しいことへ踏み出すときに不安がない方っていないと思います。わたしスーパーポジティブですけど、もともと不安を感じる性格だからこそ、この歌詞のように頑張って気持ちをポジティブに変換している面も正直あります。

 <夢をのせて一緒に笑顔でいよう>という言葉には、「SUPER☆GiRLSのメンバー全員で笑顔になって、前向きな気持ちで頑張っていこう」という想いを詰め込んでいます。お勤めや学業に励まれている方みんなもそうだと思いますけど、一人で戦っているようで、実は支えてくれる人がまわりにはいっぱいいると思います。だからこそ、ちょっと気持ちが落ちているときや不安を胸に抱えてしまったときに「『コングラCHUレーション!!!!』を聞いたら元気になるわ」という、そんな楽曲になればいいなと思っています。

――千賀さんは、不安はあっても表には出さない性格だ?

石丸千賀 そうですね。マイナスなことを考えてしまったら、自分の中で即効ポジティブ変換するようにしています。マイナス思考へ陥ってしまうと、身体から放つオーラも暗くなってしまいますからね。わたし、クラシックバレエをずっと習っていました。そのときに「オーラは自分で作っていくもの」だと教えられたように、気持ちが落ちても、なるたけプラスに持っていこうと思いながら日々活動をしています。

――今のSUPER☆GiRLSのオーラって、何色ですか?

石丸千賀 今は、オレンジ寄りのピンクだと思います。理由は、メンバーみんな全力で我武者羅に頑張っているように、その姿の放っている色が元気を現すオレンジ色。しかもアイドル性の高いメンバーが多いように、アイドル性の高さを現すピンク色が混じり合っている。そんな「オレンジ寄りのピンク」が、今のオーラだと思います。

――有希さんはどうですか?

金澤有希 この曲には前向きな歌詞が多く入っていれば、好きなワードもたくさんありますが、あえて一つ上げるなら<泣いたり笑ったり大事な人が増えてきて>という歌詞が好きです。アイドル活動をやっていると泣くことも多いし、笑うことも多いしといろんなことがあります。同時に、大事な仲間が増えていいます。それがメンバーであったり、スタッフさんやファンの方々であったり。活動を重ねるごと大事な人たちが増え続けているように、ここの歌詞へわたしはすごくジーンとしています。

樋口なづな この曲には、わたしがオーディションへ合格したときの気持ちとすごく当てはまる歌詞がいっぱいあって。<明日に胸弾ませるの>とか<未来図はすでにもう輝き出してるよ?など、夢を持ってグループに入ったから、その言葉を歌うたびにすごく胸がワクワクします。このワクワクした気持ちを聞いてくれる方々にも味わって欲しいからこそ、みんなをワクワクさせられるようなパフォーマンスをこれからもお届けし続けたいです。

門林有羽 わたしも好きな歌詞があります。それが、<観たことがない毎日が 目の前に広がっていく>というフレーズ。この歌詞へ触れたとき、これからのアイドル生活に対するワクワクとした気持ちと重なれば、その気持ちをとても現しているなぁと思いました。

 もちろん、これから新しいことを始める方にも聞いて欲しいですけど。朝の通勤通学のときなど、ちょっとした時間に聞いてもらったら、一気にテンションが上がってルンルンとした気持ちになってもらえる1曲だなとわたしは思っています。

井上真由子 この曲にはポジティブな言葉しか書かれていません。中でも、わたしの好きな歌詞が、<夢をのせて一緒に笑顔でいよう>のところです。わたし、ネガティブになりがちな性格。そんなときにこの曲を聞くと、「誰かがいることを忘れないでね」ということを思い出させてくれますし、気持ちをすごくポジティブにもしてくれます。気分が落ちたときに聞くとすごく元気が出ますし、大好きな歌です。

松本愛花 この曲には夢や希望が詰まっていて、わたしもこの曲を聞くたびに元気になれます。だからこそ、みなさんにとってもそういう歌になって欲しいなと思っています。個人的に好きなのが、<ワン、ツー、スリー、せーの!レッツGO→>の部分。ライブでここを歌っているとき、会場に一体化した空気が生まれてすごく盛り上がるんですね。その一体感を持った空気が、わたしは大好きです。

――最後に、リーダーからひと言いただきたいと思います。

渡邉幸愛 先にカップリングに収録した「Give me Love me!チョコ」について語るなら、「コングラCHUレーション!!!!」とはまたぜんぜん違う曲調であり、SUPER☆GiRLSにとって初めてのバレンタインソング。何より、SUPER☆GiRLS史上一番可愛くてアイドルっぽい曲になりました。

 こういう風に新しい楽曲にも巡りあいながら、新体制になったSUPER☆GiRLSとして引き続き精一杯頑張っていきます。2020年には日本武道館に立つという目標も掲げていますけど、まだまだ未熟な11人です。これから一歩ずつ成長していく姿をみなさんにお見せ出来るよう頑張っていきますので、今後とも応援よろしくお願いします。

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事