SUPER☆GiRLS「今日よりも明日」第4章幕開け、個性溢れる11人が語り尽くす
INTERVIEW

SUPER☆GiRLS「今日よりも明日」第4章幕開け、個性溢れる11人が語り尽くす


記者:長澤智典

撮影:

掲載:19年02月26日

読了時間:約21分

4期メンバーに「ついていきたい」と思われる「いい背中」を見せたい

――ここからは、ふたたび3期メンバーの皆さんに話を聞きます。先に長尾しおりさんお願いします。

長尾しおり SUPER☆GiRLSの中へ初めて後輩が入ってきましたけど、わたしは第3章の頃から引き続き、今もずっと最年少のまま。4期メンバーの中に同級生もいなければ、みんな年上。だからグループ内のキャリアとしては先輩にはなったけど、後輩はみんな年上という不思議な感じです。でも、そういう不思議な関係を経験できるのも、アイドルならではだなとも思っています。それに、みんな年上の大人だからこそ、わたし自身が人として学べる部分がたくさんあります。逆に、これまでの経験を通して「これは、こうだよ」と教えてあげられる部分もあるように、4期メンバーとは…第4章SUPER☆GiRLSは、わたしにとっては「教えあい、学びあい、ともに成長していけるグループ」です。

長尾しおり

――7人が入って、グループ内の環境もいろいろ変わりましたか?

長尾しおり フォーメーションの修正をしていく中、パフォーマンス面での変化も感じています。何より、歌声の変化は大きいですね。高い声のメンバーが増えたことで、歌声が超可愛くなりました。今回の「コングラCHUレーション!!!!」はすごく可愛い曲だから、まさに今のSUPER☆GiRLSにピッタリだと思います。

――最後は、阿部夢梨さんですね。

阿部夢梨 5人の偉大な先輩が抜けて、第4章がいよいよ始まりました。不安がないと言ったら嘘になりますけど、第4章と名乗っているとはいえ、わたしは改めてゼロからのスタートだと思っています。だからこそ、改めてSUPER☆GiRLSを結成し直していく感覚で、わたしは今のSUPER☆GiRLSへ臨んでいます。

 SUPER☆GiRLSが、結成から日本武道館まで辿り着くまでの期間が約3年。わたしたちも同じ気持ちを胸に抱きながら、2020年にはSUPER☆GiRLSとして日本武道館のステージへ立てるように、気持ちを新たに精一杯頑張っていきたいなと思っています。

阿部夢梨

――改めて気持ちをゼロに持っていったほうが、より進みやすくなるわけだ。

阿部夢梨 そうですね。もちろん、不安がないわけではありませんが、すごく楽しみなこともたくさんあって。第3章では表現しきれなかった世界観を、第4章では形にしていきたいなと思っていますし。わたし達先輩チームも、4期メンバーたちに「ついていきたい」と思わせる「いい背中」を見せられるように頑張りたいなと思っています。

――ビジョンも見えていますか?

阿部夢梨 みんなも語っているように、第4章は2020年に日本武道館を実現させるという大きな目標を掲げています。それに向けての一番近い目標として上げるなら、次に出てくるワンマンライブを大成功という形へ導くこと。それが、今は第4章としての一番の目標だと思っています。

――第4章の始まりを告げるのが、通算21枚目となるシングルの「コングラCHUレーション!!!!」になります。今度は楽曲の魅力について、それぞれ語っていただけますか? まずは、2期メンバーと3期メンバーからいきましょうか。

渡邉幸愛 この曲は第4章として初めてのシングルになります。何よりわたし達第4章の始まりをお祝いするような意味も込められている楽曲。同時に、これから新生活を始める方や、新しいことへ挑戦する人の心にも響く歌詞がたくさん入っていますので、この曲を聞いて元気になってもらえたらすごく嬉しいなと思います。

 この曲の歌詞にも書いてありますけど、<私たちの未来図はすでにもう輝き出してるよ>という歌詞の通り、第4章がどうなっていくかは私たち次第。だからこそ、この歌詞が本当になるようにみんなで頑張り続けたいなと思います。

石橋蛍 歌詞の内容を含め、この曲はどの季節に聞いても楽しめる楽曲だと思います。だかち、みなさんいろんな季節の中でこの歌を楽しんでください。

長尾しおり わたしが好きなところが、<昨日の私より明日の私はずっともっとカラフルに彩られてるの??>という歌詞のところ。新体制になり、昨日よりも今日、今日よりも明日と、毎日一つずつ成長していく私たちを現している歌詞のように、どんどん進んでいく私たちの様子もこの歌から感じてください。

阿部夢梨 新たなスタートを切るに相応しい曲です。新しいことを始める人たちにはぜひ聞いて欲しい歌です。同時に、第3章を卒業した5人の先輩に向けてや、わたし達の気持ちも詰め込んでいるように、いろんな人たちの心と重なる想いの詰まった楽曲。ぜひ、歌詞に注目して聞いて欲しいなと思います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事