戸田恵梨香と大原櫻子、ココリコ田中直樹が23日、都内でおこなわれた、映画『あの日のオルガン』の公開記念舞台挨拶に出席。映画にまつわる裏話や、お互いの印象などを語り合った。また戸田は、新元号になってもやり続けたいことについて「ダイビング。沈没船も見ました。海底で歴史を見ることにゾクゾクして生を感じた」と興奮した経験を明かした。

 映画『あの日のオルガン』は、第2次世界大戦末期に集団で疎開し、東京大空襲の戦火を逃れた疎開保育園の保母(保育士)や園児たちを描く物語。戸田と大原は実話を基にしたこの作品で、保母役として主演を務めている。舞台挨拶はたくさんの来場者で座席が埋まっていた。

戸田恵梨香

戸田恵梨香

 舞台挨拶に参加したのは戸田、大原、田中に加え、監督・脚本を務めた平松恵美子氏の4名。各人が登場する度に大きな拍手が起きた。マイクをはじめに握った戸田は観客に感謝を伝えてから「本日はめいっぱい楽しみたいと思います」と挨拶。

 その後、戸田にそれぞれの印象について質問が飛ぶ。平松監督については「すごく凛々しい、女性なのに男らしい。沢山の知識と想いがつまった監督だなと思いました。本当にかっこいい女性」と印象を語った。それに対し、平松監督は「映画監督は雪山にいるスキーヤーと同じ。雪山だとかっこいいけど、降りて来ると普通のお兄ちゃん」と謙遜した様子。

 大原については「第一印象は小さい、可愛い。ふわふわっとしてて。でも実際に保育園でニコニコで走り回ってるさっちゃんを見て、なんてフレッシュなんだと思いました。役柄と同じ目線で子どもたちのことを見ていた」とした。

大原櫻子

大原櫻子

 田中については「テレビで拝見しているよりもっとスマート。役の格好をしているとさわやかな色気を放出されていて、素敵だなと思いました」と高評価。これには田中本人も「全く予想外」とたじたじだった。

 また大原は印象に残っているシーンとして、戸田からビンタを受けるシーンを挙げ「なかなか人にビンタされることってなくて。人ってこんなに傷つくと同時に愛情を感じるんだなと思いました」と述べた。

 それを受けて、戸田が「今までビンタしたり、蹴りを入れる演技は経験があったんですよ。でも女性に対してビンタをしたのは始めてだったので。緊張しちゃいましたね」と答える。すると大原も「戸田さんからビンタを受けるなんて自慢ですよ」と返した。

ココリコ田中直樹

ココリコ田中直樹

 また田中は「大原さんと戸田が中心になって現場をまわしていたので、それがいい感じで子どもたちに伝わっていたと思います」とコメント。いい雰囲気で進んでいった撮影の様子を観客に伝えていた。

 そして、もうすぐ新元号ということで「新しい時代になってもやり続けたいことは?」という話題も。戸田は「ダイビング。自然を感じるのは大切な時間。4、5年前に沈没船を見ました。歴史を海底で見ることにゾクゾクして生を感じたんです」とした。

 大原は「車の運転」、田中は「コンビを続けたい」、監督は「仕事。撮り続けることは難しい」とそれぞれ述べた。

平松恵美子氏

平松恵美子氏

 最後に大原が「幅広い人に見てほしいですし、見れる作品だと思っています。ぜひ今日感じたことを周りの人に話して広げていってほしいと思います」、戸田が「今生きているみなさんと一緒に、次世代へ対して語り継いでいきたいと思っています。戦争があった時代のことってわかりきれないし、事実を全て知ることはできない。でも少しでも知った事が凄く大事で、語り継がなきゃいけないと思えました。みなさんにお力を頂けたらなと思います」とそれぞれメッセージを贈った。【取材・撮影=小池直也】

戸田恵梨香

戸田恵梨香

記事タグ