3人組ボーカルグループのWAVEが2月22日、千葉・イクスピアリ 2Fセレブレーション・プラザでミニライブ『WAVE 1st Album『W』リリース記念イベント / MASA’s birthday SP』をおこなった。昨年12月25日にリリースされたメジャー1stアルバム『W』のリリースイベントで2月15日から47都道府県を行脚中のWAVE。この日はメンバーであるMASAの誕生日ということもあり、多くのファンが集まった。この日、5月8日に5枚目となるシングルをリリースすることを発表した。リハーサルと本番のもようを以下にレポートする。【取材=村上順一】

リハーサルから楽しんで行きましょう!

MASA

 開演まで1時間前の午後6時、前室のテントからは気合いの入った掛け声が聞こえる。程なくしてリハーサルをおこなう為、3人がステージに登場。リハから集まった観客に挨拶をし、「CRAZY LAZY」でリハがスタート。パフォーマーの2人を加えた5人で本番さながらの歌を響かせる。

 SENは「リハーサルから楽しんで行きましょう!」と「GROW UP」へ。観客もメンバーの振りに合わせ、手をワイパーのように振り楽しむ姿もみられた。リハの締めは、昨年にもこの場所で披露したと話すメジャーデビュー曲の「Beautiful Life ~Orchestra Version~」を届けた。ミディアムバラードで、WAVEの歌唱力の高さが光る一曲で、リハーサルから3曲をフルサイズで届けるサービス精神で楽しませた。

夢って叶うもんだな

SEN

 本番は集まった観客をイベントスペースの中に招きおこなわれた。開演時刻になり「OPENING SE」が流れ、それに導かれ3人とパフォーマーの2人がステージに登場。1曲目はクールなアップチューン「into the WAVE」で幕は開けた。シンクロしたアクティブなダンスとエネルギッシュな歌声をセレブレーションプラザに響かせた。

 続いて、しなやかな動きと儚さを感じさせる「ANY」では、曲の情景を浮かび上がらせるパフォーマンスに視線が集まる。MCでは観客からMASAの誕生日を祝福する「おめでとう!」の声。MASAはずっとこのイクスピアリ 2Fセレブレーション・プラザでバースデーイベントをやることがずっと夢だったと告げ、「夢って叶うもんだな」と、この場所でバースデーを迎えられた喜びを述べた。

 3曲目は4枚目のシングル「TIME」を披露。足元に埋め込まれたライトが、星のように点灯し、楽曲を盛り立てる。そして、アルバムに収録されている「White」を丁寧に情感を込め、歌い紡いでいく。会場が吹き抜けということもあり、3人の美しいハーモニーが空と共鳴しているかのような瞬間だった。

YASU

 再びパフォーマーの2人を呼び込み、後半戦へ。次の曲は観客と一緒に楽しみたいということで、サビでの振り付けのレクチャーを挟み、1st Album『W』の1曲目を飾るダンサブルなナンバー「セツナ」へ。サビで手をくるくると回すアクションをみんなでエンジョイ。アグレッシブなダンスがテンションを高めてくれるナンバーだ。

 ラストはヒップホップテイストが盛り込まれたアゲアゲな1曲「BIG WAVE」を投下。文字通り大きな波を巻き起こした。最後、MASAが「僕のわがまま、最大のプレゼント下さい」と投げかけ、観客と記念撮影をおこない『WAVE 1st Album『W』リリース記念イベント / MASA’s birthday SP』の幕は閉じた。

この記事の写真

記事タグ