岩田剛典、土田晃之、小嶋陽菜が22日、都内でおこなわれた、キリンビール『本麒麟』完成披露会に出席。実際に体験した3人は口々に「美味しかった」と述べた。

 同商品の強みである『ビールに近い卓越したうまさと品質』をより一層強化し、パッケージも一新して新登場する。この日は完成披露会として岩田、土田、小嶋が招かれた。3人に共通するのは「美味しいもの好き」。土田は岩田に対して「実際に美味しいものを知っていそうですよね」と称えた。

 壇上には、キリンビールの醸造責任者、マスターブリュワー・田山智広氏の姿もあった。同氏は「新ジャンルの技術にビールの技術を組み合わせた」とし、「ラガービル」の技術を「本麒麟」に投入。ホップを贅沢に使うことでコクを与えたとの趣旨でうまさの秘密を明かした。

 その話を聞いた3人。「早く乾杯したい」と岩田をはじめ実際に「本麒麟」を呑んでみることに。3人揃って乾杯の発声をとると、一口。小嶋「(説明を受けて)期待値が上がっていたけど美味しかった」、岩田「すっきりしているけどコクがあって、飲み終わったあとも香りが残る。想像以上に美味しい」、土田「とても考えられている」とその美味しさを絶賛した。

 ツイッターのフォロワー300万人を抱える小嶋は「100万いいねをもらえると思います」と太鼓判を押した。

 改めて小嶋は「飲みやすくて飽きがこないのは本当だった。女性にも呑んでほしい。女性を代表して本麒麟を勧めていきたい」、土田「楽しんでいただきたい。その一言に尽きる」、岩田「本当にうまくてびっくりしました。仲間にも勧めたい。口コミで友達に、まわりにうまさを伝えていきたい」と語った。

記事タグ