EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが21日、都内でおこなわれた『未来の日本酒プロジェクト事業発表会』に出席。自身がプロデューサーを務める「未来の日本酒プロジェクト」で自身のプロデュースする日本酒への構想などを語った。AKIRA、小林直己、TETSUYAなどのメンバーと飲みに行くという橘だが「レモンサワーと日本酒だとレモンサワーの方がまだ多いので、それを日本酒に変えていきたい」と隠れた目標も明かした。

 『未来の日本酒プロジェクト』は、昨年7月の西日本豪雨被災地域の復興を目的とした「HASHIWATASHI プロジェクト」事務局が主催する支援プロジェクト。自然豊かな風土と清流を活かして長年醸し続けている多くの酒蔵も被害を受けており、国内外の消費者に中国地方等の日本酒の魅力を発信し需要を喚起するのが目的。公私問わず、各エリアの酒蔵を訪れた橘がプロデューサーとして岡山・丸本酒造および広島・賀茂泉酒造、2蔵のプロデュースを実施する。

橘ケンチ

橘ケンチ

 昨年9月、日本酒と日本文化の素晴らしさを世界に広める尽力者に与えられる称号「酒サムライ」の叙任者になった橘。『Discover Japan』(エイ出版社)では、橘が約1年半に渡って「橘ケンチの今宵のSAKE」を連載。日本各地の酒蔵を巡って来た。昨年12月には新政酒造とコラボレーションしたオリジナル日本酒「亜麻猫橘(あまねこたちばな)」を造っている。

 橘は「大きなプロジェクトに参加できて光栄です。日本酒の魅力を日本はもちろん、世界に向けて発信できるように頑張りたい」と意気込む。さらに「僕はエンターテインメントという舞台で活動していますが、エンターテインメントとお酒というマッチングにも興味があるのでそういう所を狙いつつ、僕にしかできないプロデュースをしていけたら」とその構想を明かす。

 賀茂泉酒造取締役副社長の前垣壽宏氏は「まだまだ被害が残っている所もあります。蔵元を中心に盛り上がっていければ」と今回のプロジェクトに期待を寄せる。

 丸本酒造6代目宗主の丸本仁一郎氏は「被災地で何度も赴きまして支援させて頂いています。シームレスに絶え間なく支援を続けていくことが大事だと思います。温かい支援よろしくお願いします」と改めて支援を呼びかけた。

トークセッションの模様

トークセッションの模様

 Discover Japan統括編集長の高橋俊宏氏は「私は岡山出身でして、“晴れのくに岡山”という場所でまさかあんなことが起こるなんて青天の霹靂でした。長い未来プロジェクトを進めれるように頑張りたい」と語った。

 橘は「賀茂泉酒造のある東広島市・西条は駅のすぐ近くに酒蔵が密集していて、魅力的な街です。そういう良さも一緒に伝えて行けたら。丸本酒造はお米づくりの田んぼから凄く力を入れている印象があって。オーガニックの取り組みの大変さや美味しさを実際に行って感じました」とそれぞれの酒蔵への印象を語る。

 また、日本酒を好きになったきっかけについて橘は「知り合いに日本酒バーに連れて行ってもらったことがきっかけです。ちょうどLDHアジアの担当を指名された頃で、海外の国に行く度に自分は日本のことを全然知らないなと改めて思いました。日本各地の酒蔵を通していろんな日本各地の風土や歴史を知ることができました。今はその魅力にのめり込んで楽しませてもらっています」と振り返る。

 発表会では、賀茂泉酒造の純米吟醸「朱泉本仕込」、丸本酒造の「竹林」とそれぞれの酒蔵を代表する日本酒を持参。橘は「広島の純米酒の味が色濃く出ていて素晴らしい。『竹林』はちょっと個性的で飲んでるとハマる旨味があります」とそれぞれの純米酒を絶賛。

橘ケンチ

 AKIRA、小林直己、TETSUYAなどのメンバーとよく飲みに行くという橘。「レモンサワーと日本酒だとレモンサワーの方がまだ多いので、それを日本酒に変えていきたい」と個人的な目標も語る。

 最後に橘は「日本酒を応援していくその過程や背後の人や物語に興味を持ってもらいたい。日本酒を作って終わりというものにはしたくないので、人の温度感にこだわって、より多くの人が関われるような仕組みにしたい」と長い時間をかけて大きなプロジェクトへ成長させたいとその想いを述べた。【取材・撮影=松尾模糊】

この記事の写真
トークセッションの模様
橘ケンチ

記事タグ