歌手の宇多田ヒカルがツイートした「歌姫ってなんなん」が反響を呼んでいる。タレントの武井壮、元レスリング選手の吉田沙保里さんをはじめ、氣志團の綾小路翔、T.M.Revolutionの西川貴教らが自身の愛称に「ってなんなん」を付け、話題を広げた。

 15日に宇多田は「歌姫ってなんなん」とツイート。これがファンを中心に大きな反響を起こし、著名人が続々と「○○ってなんなん」とのツイートを投稿していく。

 まず反応したのは武井。17日に「百獣の王ってなんなん」とツイートすると、様々なツッコミが入った。

 武井は「このツイートに『お前が自分で名乗ってるだけだろ』ってガチレスしてる人なんなん笑笑」とコメント。「そう! そうなんだけど!! 自分で言っといてなんなん!! なんだけど!! 笑笑」などと“なんなん”を畳みかけた。

 さらに、武井のツイートを吉田さんがリツイート。「霊長類最強女子ってなんなん」とひと言つぶやいて大きな反響を呼び、“なんなん”の輪は2人に留まらず、著名人の間に広がった。

 西川とつるのは吉田さんのツイートをリツイート。西川が「声量おばけってなんなん」とつぶやけば、つるのは「イクメンってなんなん。笑」とツイート。

 さらに、ホストのROLANDが「現代ホスト界の帝王ってなんなん」とつぶやき、武井のツイートを引っ張ったお笑いタレントのひょっこりはんは「ひょっこりはんさんってなんなん」とした。

 それぞれ自身に付いている愛称に「ってなんなん」を付けて構成しているが、なかには変わり種も登場。綾小路は「(´-`).。oO(永遠の16歳ってなんなん)」とツイート。これに武井壮が「伊代ちゃん」と返信している。

 宇多田のたった一言のつぶやきをきっかけに広がった「なんなん」の輪。著名人の間では沈静化に向かっているようだが、ツイッターなどネット上では一般のつぶやきがなおも賑わいを見せている。

 19日午後5時時点で、宇多田の投稿への「いいね」は14万件を超え、吉田さんの投稿は35万8千件を超える「いいね」が押されている。

記事タグ