中居正広が16日放送のニッポン放送『中居正広 ON & ON AIR』のなかで、2020年いっぱいでの活動休止を発表した嵐に言及。今後、様々な憶測記事が出てくることを見通し、「惑わされないで」などと嵐ファンに呼びかけた。

 放送中に中居は、「そういえば、そうね、嵐さんが活動休止を発表されたんですね」と切り出し、「全然僕、ファンでもないですし、ファンでもないですしとか言ったら、『中居くん、こんな時期にファンでもないって言って、何言ってんの、信じられない』って言われるかもしれないですけど」と、嵐が2020年いっぱいで活動休止することについて言及した。

 ライブに行ったことやCDを購入したこともないと続ける中居は、「この期に及んでこういうふうに話題になったから『昔からファンで』とも言うわけにいかない」と率直に口にしつつ、「でもまあまあ、携わるというか、まあまあ、後輩でもあったりするんで」と後輩グループに触れた。

 中居は「あの会見に、この判断にうんぬんとは僕はまったくないですけども、一つ言うのならば」と嵐の活動休止までおよそ2年の時間があることを確認しつつ、「この2年の間、すげえみんないろんなことを言うから。憶測記事みたいなものが、ネットは、僕はあまり分からないけど、ネットももちろんそうでしょうね。週刊誌とかも、『実はこうだ、実はこうだ』っていう」と、今後を見通した。

 その上で、「僕がこんなこと言うのもあれですけど、くれぐれも嵐のファンの子、僕が嵐のファンじゃないつってるくらいですから、嵐のファンの子がこのラジオ聞いてるとは思えないんですけども」と自虐しつつ、嵐のファンに対する呼びかけをおこなった。

 中居は「色んな記事とかがあるけども、それに本当に惑わされないで欲しいなっていうね。惑わされないで大丈夫ですよっていう感じかな。あの会見がすべてなんで」と、嵐のメンバーの言葉を大切にして欲しいことを口にした。

 さらに、「例えば『もしかしてこうじゃないか』『実はこうじゃないか』っていうのはワッサワサくるし、それにまた気持ちを動かされるようじゃもったいないので。それに気持ちをもっていかれないように。うん、純粋にご覧になってて、いいんじゃないかな」と嵐をしっかりと見つめて欲しいと続けた。

 中居は「でも本当に色んな情報出てくると思いますけどね。それだけには惑わされないでもらいたいな。それくらいしか僕は言えないですよ、分かんないですから。それくらいしか、本当に」とし、重ねて嵐のファンに呼びかけていた。

 この中居のコメントのなかで、2016年限りで解散した自身が所属したSMAPについての言及はなかった。ただ、自身の経験から得られたことを伝えるように話しており、ネット上では大きな反響が挙がっている。

 ツイッターには「SMAPファンの私も噛み締めています。彼らの言葉だけを信じてほしいと思います」「中居先輩、ありがとうございます」「自分たちも同じように辛かったはずなのに、後輩のために、ファンのために、言葉を発する中居くん」「中居くんの言葉 嵐のファンの皆さんにも 広まっていってる」などのコメントがあふれ、双方のファンの間で感激が広がっている。

記事タグ