明日花キララが16日、都内でおこなわれた、主演映画『アイアンガール FINAL WARS』公開初日舞台挨拶に出席。作品への思いを語る一方で、共演者や監督に対して毒舌を連発、イベントを沸かせる場面があった。この日は共演の青柳尊哉、天木じゅん、仁科貢、平塚千瑛、けーすけ(MC)と、メガホンをとった藤原健一監督も登壇した。

 本作は、2012年に第1弾、2014年に第2弾が製作された『アイアンガール』シリーズの最終章。人間とサイボーグが戦う未来の日本で、殺人兵器に改造されたサイボーグ・早乙女クリスの戦いに運命づけられた人生を描く。主人公のクリスを明日花が担当、彼女の命を狙うサイボーグ・ダイアナ役を赤井沙希、自警団“レジスタンス”の隊員・葛城ジョー役を青柳、物語の鍵を握る謎の少女・サラ役を天木が務める。また明日花は本作の主題歌2曲を歌っている。

明日花キララ

明日花キララ

 『アイアンガール』シリーズには、他の作品以上に強い思い入れがあると語る明日花。最終章とうたいつつ、続編をにおわせるエンディングとなっているという本作に関して、藤原監督は「僕のなかでは、続きそうなというか」と自身の思いを語ると、明日花はみずから「私がお金を払います!」と、自身の“金持ち”キャラを発揮し突然のスポンサー宣言、会場を沸かせた。

 一方で藤原監督とは『アイアンガール』シリーズ以前に撮影された映画『女囚さそり』シリーズでもタッグを組んでいた明日花だが、『アイアンガール』シリーズは2作目からのタッグとなっている。これに関して明日花は、もともと現場で理由も告げられずに何度も演技をやらされることが度々あり「(監督が)嫌いだった、そのためシリーズの第1弾で藤原監督はNGだった」などと明かし、笑いを誘う。

青柳尊哉、明日花キララ、天木じゅん、平塚千瑛

青柳尊哉、明日花キララ、天木じゅん、平塚千瑛

 また明日花とは、劇中で青柳さんとセクシーなシーンも披露しているという青柳は、出演に際し前作、前々作を見た感想を「ワン、ツーと全然毛色の違う話でしたが、(自分なりの)やり方を積み上げていけば、作品をまた違うところにつれていけるんじゃないかと思いまして」と振り返ると、明日花はマイクを通さず地声で「えらそうに…」などとボソッとコメント。その声が思いのほか会場に響き、青柳は少し焦った表情で「いや、マイクがのらないと、ガチだから…」などと突っ込みを入れ、爆笑を誘っていた。

 他方、藤原監督の多くの作品に出演しているという仁科は、今回の完成作品の試写をおこなった際に「それまでは男っぽい作品に出させていただいたのですが、今回は明日花さんと天木さんの魂のぶつかり合いというところには、不覚にも号泣してしまって」と明日花と天木の共演に、役者として大いに触発されたことを回想。同じく試写で嗚咽しながら号泣していたという天木は「ワンもツーも良かったけど、『FINAL WARS』が抜群にいいと思います! 私が出ているから!」としっかり自身をアピール、会場を沸かせていた。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ