シンガーソングライターのmajikoが11日、東京キネマ倶楽部で東名阪ツアー『majiko presents new EP "COLOR" Release Party 〜Come on, LIVE or Regret〜』最終公演をおこなった。1月23日にリリースしたEP『COLOR』を引っ提げ、1月26日の大阪・梅田Zeela公演、2月2日愛知・名古屋ell FITS ALL公演を開催。最終地となった、東京キネマ倶楽部は彼女にとって4年前、初ワンマンをおこなった場所。前回はネット発の“歌い手”としてデビュー戦を飾った。そして4年経った今、majikoは経験を積み重ねた“アーティスト”としてこのステージに戻って来た。その期待通り、彼女は“majiko無双”とも言える圧巻のパフォーマンスを見せてくれた。この夜の模様を以下にレポートしたい。【取材=小池直也】

アコースティックコーナーも

majiko(撮影=タマイシンゴ)

 新作EPに収録されている「ミミズ」でこの日のライブは開幕。そして「エスケイパー」「ボートに乗って」「このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る」とつないで、アッパーに序盤を彩っていく。この日のバンド陣は木下哲(Gt)、伊藤翔磨(Gt)、吉野ユウヤ(Key)、北原裕司(Ba)、camacho(Dr)。連携のとれたアンサンブルで仲の良さが伝わってくる演奏だった。

 6曲目の「ロキ」で足を踏みつけながら歌うmajiko。曲数を重ねるほどに気力を増すのがわかる。スマホで自撮りしながら歌う場面も。続く「アガルタの迷い子」はファンキーなシンセが存在感。ベースソロも挟まれた。「こんな東京の夜に聴いてください」とMCして、演奏されたのは「ノクチルカの夜」。シックな雰囲気だが、途中で倍速の4ビートが挟まれるアレンジだった。そして最終的に声がハイノートに上りつめ、迫ってくる。

 今日のmajikoは「自由」という言葉がよく似合う。そして、ここでの「4年前よりもめちゃくちゃ楽しめていると思います」というMCには自信があふれていた。ツアー前のインタビューで語った「あの時より進歩していると思うので、本番のステージに立った時の感覚を楽しみたい」という発言どおりである。

 初ワンマンでの衣装替えに手こずった思い出で笑ってから、バンドが退場し、ここからはアコースティックコーナー。鍵盤と一緒にmajikoが歌い出した。「アイロニ」は朗々と、ラップ調も交えて。声に寄り添う、吉野の伴奏も光る。「AM」は霞がかった和音に歌が重なっていった。majikoはスポットライトの下、椅子に座りながらマイク一本に心を吹き込む。

 その流れでバンドが再合流し「ひびわれた世界」がスタート。サビで音量差を出した、迫力のある演奏を聴かせる。歪んだギターのソロもスパイスだった。「心做し」はmajikoのアカペラから。サビの高いメロディが琴線に触れる。まるで女優なのかと思う様な、切実な歌唱は先ほどまでの彼女とは別人格に感じるほど。内省的な世界観を見事に構築し、提示。続く「命に嫌われている。」は歌の爆発に合わせて、演奏も拮抗するのが印象的だった。

“majiko無双”

majiko(撮影=タマイシンゴ)

 ステージは終盤戦へ。「みなさんの未来に光があるように」と前置きしたのは「Avenir」。ここからはまた雰囲気を変えて、楽しい空気感を作り出していく。同会場でミュージックビデオを撮影した「パラノイア」ではパンチラインの<ぶん殴って終わらせてよ>も炸裂した。

 「4年経ってここで歌えることを嬉しく思います」と話して、前回とは何周りも進化した「世田谷ナイトサファリ」、バンドのグルーヴが気持ちいい「アマデウス」と魅せていく。本編最後は「狂おしいほど僕には美しい」。1曲目から右肩上がりにテンションを上げ続けたmajikoは、エンディングまであまりにのびのびしていて、余力さえ感じさせた。もう“majiko無双”としか形容しようがない。

 アンコールは新曲「WISH」から。Tシャツに着替えたmajikoは、スタンドマイクに身を寄せる様にパフォーマンス。「こっからはわちゃわちゃいきたいと思うんですけど」と振り付けを共有して「HUSH」。タンバリンを振りながら、ファンキーに歌う。

 「大阪、名古屋めっちゃ楽しかったです。東京も楽しかった! ありがとう。わたしからの最後の声、聴いてください」と話して「声」でフィニッシュ。中盤でバレンタインのチョコを投げる場面もあった。演奏終了後バンドメンバーが退場し、majikoはひとり大きな声であいさつしてステージを後にした。

セットリスト

01.ミミズ
02.エスケイパー
03.ボートに乗って
04.このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る
05.ロストエンファウンド
06.ロキ
07.アガルタの迷い子
08.ノクチルカの夜
09.mirror
10.アイロニ
11.AM
12.ひび割れた世界
13.心做し
14.命に嫌われている。
15.Avenir
16.パラノイア
17.世田谷ナイトサファリ
18.アマデウス

Encore

En1.WISH
En2.HUSH
En3.声

記事タグ