手島さん、永藤さん、岡部町長、白井さん、才原さん

 SHOWROOMと静岡県南伊豆町による全国初の『地方自治体公認アンバサダーオーディション』の最終審査会が先般、都内でおこなわれ、永藤まなさんがグランプリを獲得し、同町のアンバサダーに就任した。

 ライブ配信アプリ「SHOWROOM」(前田裕二社長)が、静岡県南伊豆町(岡部克仁町長)および地元メディアと連携。『地方活性化』をテーマに初めて実施する「地方自治体公認アンバサダーオーディション」。

 グランプリの座をかけて、昨年12月からSHOWROOM上でアピール合戦を展開してきた。そのうち永藤まなさん、手島ゆうりさん、白井ゆなさん、才原茉莉乃さんの4人がこの日、最終審査会に出席。同町名産品を使った食リポや思いを伝えアピールした。4人とも僅差だったが、「ピアノが弾ける」ことが決め手となり永藤まなさんがグランプリを獲得した。

アンバサダーに決まった永藤まなさんと、岡部克仁町長

 永藤さんは、ピアノ演奏を使った配信で人気を集め、『SHOWROOM AWARD 2017』では最優秀賞を獲得している。今回のグランプリ獲得に「南伊豆にしかない魅力やそこにしかないものを見て聴いて経験して、自分の音楽に取り入れていきたい」と意欲を示した。

 審査委委員長の岡部克仁町長(静岡県南伊豆町)は最終審査会の席上で、「4人ともアンバサダーになってほしいと思うぐらい、決めるのは辛かった。グランプリを逃した方も今後、何かチャンスがあれば再びチャレンジしてほしい」と述べ、出席者を称えた。

 またグランプリの永藤さんへは「おしゃべりも上手でピアノも弾かれる。同町の中学生は合唱に力を入れている。MCだけでなく、ピアノなどを使い、子供たち、町民と笑顔を通じての交流ができると思った」と今後の活躍に期待を込めた。

 最終審査会後、出席者4人が取材に応じ、応募の動機、そして今後の思いを述べた。

才原茉莉乃さん

 才原さん Chubbinessというアイドルグループに所属しています。旅が好きで、MCもしたいという思いもありました。グループでMCも経験していますので、それを活かせたらいいなと思い。(南伊豆とのかかわりは)今後は、海がとてもきれいなので行きたいですし、歴史が深いので学びに行きたい。

手島ゆうりさん

 手島さん 旅行にあまり行かなかった家族ですが、父が往復12時間ぐらい車を運転して来ていた伊豆への思い入れがあり応募しました。もしグランプリになっていたら、南伊豆には「菜の花ウエディング」が無料で提供されてることもあってとても温かい町だなと思いましたし、新郎新婦におめでとうと声をかけられていたので、温かいところを発信できたらとは思っていました。石廊崎オートキャンプ場もそうですが綺麗な写真を撮って発信したいなと思っていました。

白井ゆなさん

 白井さん 小学生の頃から毎年伊豆に行っていて、長年関わっているからこそ知っている魅力、家族で行くこともあるし、友達と行くこともある、行く人によって違う魅力があると思うので、そういう魅力を発信したいと思っていました。南伊豆にも毎年行っていて、昨年は台風でヒリゾ浜に行けなくて、今年は行くぞ! と決めています。13年目の伊豆旅行を楽しみたいと思います。第二の故郷のように。

永藤まなさん

 永藤さん 魅力を発信していく仕事は、最終的に自分のやりたい「伝えること」に繋がっていくじゃないかなと思い、応募しました。正直、南伊豆には行った事はありませんが、だからこそ新鮮な目で見れるところもあると思うし、行ったことがない人に共感してもらえるのではないかと思いました。最終的には音楽の楽しさ、ピアノの面白さをよりたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。大きな目標に向かって積み重ねてきたものをいろんなところで繋げていきたい。南伊豆にしかない魅力やそこにしかないものを見て聴いて経験して自分の音楽に取り入れていきたい。

 なお、永藤さんは今後、静岡県南伊豆町公認アンバサダーとして2019年、町主催のイベントへゲスト出演するほか、南伊豆町ホームページ・リーフレットへの掲出、地元メディアとも連動し各種テレビ番組他にも出演。WEB連動型のプロモーションとして南伊豆町は、SHOWROOMを利用した観光PRによる地方創生を開始する。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)