松本伊代

 松本伊代が12日放送のカンテレ『やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です』に出演。近藤真彦に手作りチョコをあげるために、田原俊彦に「渡しといてください」と依頼した衝撃のエピソードを明かした。

 若いころ、手作りチョコを作っていたという松本。タレントのはるな愛から「男の子のアイドルにもあげてたんですか?」と当時について尋ねられた松本は、「あげたんです。内緒なんだけど…」と手作りチョコを男性アイドルに渡したことがあるという。

 1980年から1983年まで放送されていたTBS系のバラエティ番組『たのきん全力投球!』で、田原俊彦の妹役を務めていたという松本。ただ、「実はマッチが好きで、マッチのために作ったんです」と近藤真彦へ渡すためにチョコを作ったことを明かした。

 ところが、他のプレゼントもあわせて用意したものの近藤と会う時間がなかなかなかった。そのため松本は「トシちゃんに、これマッチに渡しといてください」と、近藤に手作りチョコをあげるために田原にお願い。このエピソードにスタジオは衝撃に包まれた。

 当時を振り返った松本は「すごい図々しい女」と自虐しつつ、実際に近藤にチョコが渡ったのか「届いたんですかね、わからない」と話していた。

 また、松本は夫のヒロミにあげたチョコについても言及。ヒロミは2月13日が誕生日で、14日のバレンタインデーと一緒にプレゼントを渡していたようだ。

 ただ、「いっつもだいたい、チョコがほったらかしにされてる」とし、「いつ開けるの? いつ開けるの? ってずっとそこに置いてあるから」とチョコは渡さなくなったことを語っていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)