K-POP新人アーティスト対象とした「DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN」が3月16日に、千葉・舞浜アンフィシアターにて8組のアーティストによる最終審査がおこなわれる。グランプリには活動費として1億円を支援される。

 アジアを中心にエンタテイメントプロジェクトを展開するOLE-starと日本国内でK-POP関連を展開するダイヤモンドブログはK-POP新人アーティストを対象に、有望な新人に対して、韓国内での本格的な活動が出来るように1億円を活動費として支援し、さらに日本での活動では日本デビューとTV冠番組を皮切りに本格的に韓国と日本での活動をバックアップするプロジェクトを立ち上げる。

 対象のアーティストを選定するオーディションを3月16日舞浜アンフィシアターにて開催。1次審査には100組を超える韓国新人アーティストのエントリーがあり、最終審査には8組のアーティスト (D-CRUNCH / AWEEK / IMFACT / Limesoda / VANNER / Yeimt(ソロ) / OH SEH WOONG(ソロ)*残り1組は発表調整中)が選ばれ3月16日の最終のオーディションに残った。 オーディションは、レコード会社やメディアの担当者が審査員を務め、TVやインターネットメディアからも配信予定である。最終オーディションのグランプリ審査に関しては、審査員投票と来場者投票の合計から選ばれる。

公演概要

公演名:DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN
日時:2019年3月16日(土) 開場15:00 開演16:00
会場:舞浜アンフィシアター

出演アーティスト:D-CRUNCH / AWEEK / IMFACT / Limesoda / VANNER / Yeimt(ソロ) / OH SEH WOONG(ソロ) *残り1組は発表調整中
★イベントオフィシャルサイト: http://k-fan.official-fan.com/dreamstar-audition2019/ チケット:発売中

主催:OLE-star Japan、ダイヤモンドブログ
企画、制作:ダイヤモンドブログ 、チームセカンド
運営(問合せ):レキップ・トロア(03-3470-8388)

記事タグ